FC2ブログ
転生したらスライムだった件を中心に、ドラクエ、エターナル・ラブ三生三世のコメント、感想など吐きます。
2012-06-04 (月) | 編集 |
貧しかった少年時代、茶の間に流れてくるのは西部劇だった。

米国のドラマや映画は少年にとって憧れの的だった。

特にララミー牧場やボナンザはTVに噛り付いて見た。

小さな、狭い村に住んでる少年にとって米国の広大な荒野で、

繰り広げられる西部劇は夢とロマンに満ち溢れていた。

画面に流れる音楽に胸を躍らし、悪者を倒すところに喜んだものだ。

今でも西部劇は好きです。其の中でもこの「おおいなる西部」の音楽は、

躍動感があり、落ち込んでる小生をどんなに奮い立たせたことか。

どうぞお聞きください。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑見たらポチッと押したってください。↑(^^*)
2012-06-04 (月) | 編集 |
1秒間に京回処理するスーパーコンピューターが出現。
1京=10ペタ=10x10の15乗
脅威的な数字である。
今まで出力不足で計算できなかったことが可能になるという。

それによって医療、科学分野などで力を発揮するとのこと。
大規模なシュミレーションができ病気の予想が可能らしい。
新しい予防医学に道がひらけることになれば、
人間にとって利益は計りしれない。

一方米国のスーパーコンピューターも負けていない。
人間の話し言葉を理解し、質問に対して最適な解をだすようだ。
コンピューター名はワトソン。
クイズ番組ジェパディのチャンピオンを2名負かしている。

今の社会は膨大なデータ、情報がデジタル化している。
その膨大な情報を検索し、
必要とする情報を取り出すことが瞬時にできれば
大きな利益を生み出す。

しかし番組中にもあったがすべてコンピューターがしきる社会は、
危うさも秘めている。
株の大暴落を引き起こすようなことも実際にあった。
人間の管理も進化する社会において必要なことです。
それをすべてコンピューター任せのような社会になった場合、
大きな代償を払うような気がしてならない。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑見たらポチっと押したってください。↑(^^*)