FC2ブログ
転生したらスライムだった件を中心に、ドラクエ、エターナル・ラブ三生三世のコメント、感想など吐きます。
2012-03-10 (土) | 編集 |
松岡圭祐著 ミドリの猿

ミドリの猿

旧シリーズの旧版(小学館)と完全版(角川文庫)があり、これから書く感想は旧版になります。写真は旧版がないため便宜上完全版を貼りました。

物語は須田知美を中心にすすんでいきます。精神的にショックをうけた娘が逃げ隠れするが追手がせまってくる。臨床心理士の嵯峨敏也が岬美由紀とこの巻で活動を共にする。催眠の主役が一緒になる、なかなか面白い手法である。

一方美由紀はODA支援してるマダカスカル島にいる。日本政府は希少金属を見返りとしているが現地調査を美由紀に託した。

現地の政府の悪事(戦災者の隠匿)を例によって息もつかせぬ早業で解決してしまう。ここの展開は痛快ですっとする所。ヘリを横取りし敵戦闘機を撃ち落とす。しかしその行為が後に災いをもたらすことになる。


[READ MORE...]
2012-03-10 (土) | 編集 |
3月08日大田区民プラザで人形浄瑠璃、地方公演がおこなわれました。

ツイッターの仲間から情報を得て事前に、そっと、予約を入れてチケットを購入しておきました。

昼と夜の部に分かれて行われますが、通常の日のため昼の部はパスして夜の部に行きました。

当然半日休暇を取得しました。でないと間に合いませんので。

大阪、東京と比べて会場は少し小さく感じました。しかし綺麗な席と環境で気に入りました。

観客も若い人が結構多く入っていましたね。いい傾向です。

演目は団子売りと摂州合邦辻の二本立てでした。

始まりに相子大夫の説明というか、しゃべくりがありまして(東京や大阪ではなかったと思いました)

これが話家より面白く落語家と間違うくらいのしゃべくりでした。

団子売りの次が合邦辻でした。私は合邦辻にでてくる継母の玉手に注目しておりました。

いつも思うのですが人形とは思えぬ繊細なというか、ぞくっとくる動きをするのです。

まさに命を吹き込まれて動き出すと、言った方があっているような感じでしょうか。

見せ場は玉手が本当のことを身を捨てて話す場面です。継子の息子2名とも助けるため

ひと芝居うつたことを打ち明ける。涙なくして見れようかというところです。

是非一度は見て頂きたいです。人を惹きつけるものが確かに文楽にあります。

また今回募金の場所で人形の実演があり、大阪で人形の動かし方を教えて頂いた、文昇さんが

いらっしゃいました。直ぐには思いだしていただけませんでしたが、流石に客商売ですね、

話をそらさず丁寧に応じて頂き話に付き合っていただきました。

文昇さん、ありがとうございました。

2012-03-10 (土) | 編集 |

こんにちは。 トラックバックテーマ担当の水谷です。今日のテーマは「今、一番『ありがとう』と言いたい人は誰ですか?」です。今日は、3月9日で『サンキューの日』ですね。水谷は、今、一番、両親に『ありがとう』と言いたいです。なかなか、面と向かって両親に『ありがとう』と言うのは気恥ずかしいこともありますけど・・・。両親だけではなく、水谷の身近な人たちに『ありがとう』と言いたいと思っています。そして、このト...
トラックバックテーマ 第1391回「今、一番『ありがとう』と言いたい人は誰ですか?」



今は亡きお袋です。

「親孝行したいと思う時、親は無し」という言葉とおりです。

親の情愛というものは、いなくなって判るのかと思うと切ないですね。

今自分が親の立場なので、尚更それがわかります。

そして、それを子供たちにどう伝え、教えるか、中々難しいですね、、、

だから、子供達には自分の思うことを目いっぱいやり、精一杯生きてくれといいたい。