FC2ブログ
転生したらスライムだった件を中心に、ドラクエ、エターナル・ラブ三生三世のコメント、感想など吐きます。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
2017-01-05 (木) | 編集 |
きまぐれ

星新一の短編「きまぐれロボット」の一篇、ネコを読んで成る程と納得したこと。

地球の支配者は実は「ネコ」だったと言うお話です。

宇宙は広大であり、人知の及ばぬ知性や科学力を持った生命体が存在する。

ある日地球に調査にきたカード星人は、人間が支配する星なら滅ぼすつもりだった。

異形なカード星人が、ある家を訪ねたら、人はそれを見て失神してしまう。
テレパスを使えるカード星人は、横にいたネコに質問すると「主人は私」と答えた。

驚いたことに人間は「ネコ」のために奴隷のように働く生き物だとネコは言った。

ネコ「例えばこの家は人間が作ってくれた。牛を飼いミルクを絞り運んでくれる。」
カード星人「なかなか利口な生物ですね。奴隷の地位に不満を感じ叛逆しませんか?」
ネコ「そこまでの知恵はない生物よ、心配無用です。」
カード星人「嘘発見器を使わせてください。調査を正確なものにしたいのです。」
ネコ「どうぞご自由に。」
カード星人「恐れ入りました。
      このような平和的な種族が支配する星は見たことがありません。」
     「いつまでも支配し続けるよう、お祈りいたします。」
ネコ「もちろん、そのつもりよ。」

岬「え、え、え〜〜〜〜〜〜〜〜 (゜▽゜ノ)ノ  」

岬「真の支配者がネコだったのーーーーー」
 「大変だ。みんなに知らせなくては・・・ネコが・・・」

ネコのしんちゃん「にゃー、頭をスリスリ、喉をゴロゴロ。」

岬「ん?もうお腹空いたの?鰹節さっきあげたじゃないか。」

ネコのしんちゃん「にゃー、にゃー、にゃー。」

岬「もーーー、しょうがないなーーー。」

ネコのしんちゃん「にゃー ❤️」

岬「んーーー何か大事なことがあったような気がしたけど・・・まっいいか。」

こうして人間はいつもネコが支配者であることを忘れてしまうのであった。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2015-05-22 (金) | 編集 |
夏への扉

アメリカのSF作家ロバート・A・ハインラインのSF小説を読んでみた。
ドラエモンのどこでもドアを連想しながらである。
原題が 「The Door into Summer」だから夏へ通じる科学の扉だと思うではないか。

これはタイムトラベルを扱った小説なのだった。
久しぶりのSF小説を堪能しました。

タイムトラベルと言えば今やSFの世界では当たり前のように使われてるが、
この作品は1956年(昭和31年)に発表されたものだから、
当時の世界観からすれば、奇想天外な、SF好きには堪らない読み物だったろうと思う。

過去と未来へ旅する方法は「冷凍睡眠」と「タイムマシン」を使っている。
未来へ行く「冷凍睡眠」は一般的なものになっているが、(小説の中では)
「タイムマシン」は軍事機密扱いで、当事者と開発に関わった人以外は誰も知らない。

冷凍睡眠など使わずタイムマシンでちゃっちゃと時間旅行すればいいじゃん、
と思う人もいるかも知れないが、冷凍睡眠を使うところがこの小説の良さなのである。

小説の冒頭に世の中の猫好きにこの本を捧げるとあるように、
猫のピートが準主役のように描かれている。
これでSFを読まない猫好きな人もきっとこの小説を買ったであろう。(想像ですが)

舞台は1970年のアメリカである。
1956年から14年後の世界は六日戦争と言われた核戦争が行われた後だった。
著名人はこうして核戦争の恐ろしさを度々アピールし、警鐘を鳴らしていたのですね。

今から見れば1970に核戦争は起こらなかったよとわかるのだが、
当時の核への恐怖は広島、長崎を知ってるものにとって、
現実的にあり得ると考えられていたのだと思うのだ。
その恐怖は依然として拭い切れていないし、益々高まっている。

さてここに登場するガジェットが実に興味深い。
当時はまだ無かったものだが、今や製品になっているものが多い。
実に先見の明をもった小説家と言えるだろう。
もしかしたら当時冷凍睡眠とタイムマシンが本当に存在し、
ロバート氏は未来へ行ってきたのかもしれない・・・それは流石にないか。(笑)

その一つに文化女中器というのがある。
掃除や皿洗い、洗濯をするロボットなのだ。
現在はマイコン内蔵の白物家電がボタンひとつでちゃっちゃとかたずけてくれる。
主婦の仕事を軽減してくれる強い味方なのだ。

もうひとつは製図器ダン。
直線や曲線を指示した通りにサッと描いてくれる製図器ロボットだ。

これなども実際に、
1970年代にCADCAMシステムが開発され、IBMのメインフレームとセットで販売されて、
今でも設計開発に大いに役立っている。

人間の想像力はいづれ誰かによって形にされ現実のものとなる。
冷凍睡眠で未来へということも、現実になるのではないかとさえ思う。

それでも岬は未来へ一人旅はしたくない。
今の世界が良い。

小説には恋人の裏切り、親友と思っていた人の騙し、そしてリッキーへの愛なども描かれている。

今の時代でも立派に通用する、ちっとも色褪せないSF小説だと思う。

夏への扉、
それはいつも思い焦がれ、求める楽園への扉かもしれない。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2014-09-08 (月) | 編集 |
         こんぺいとう
7人の作家が紡ぐほっこりおいしい物語とあったので、
招きうさぎに導かれ購入してしまいました。
この商店街、どこかの町の雰囲気にとても良く似ています。
作中近くに浅草があるように書いてますがモデルは浅草ではないかと思います。

定年後のおっさん、おばちゃんが始めた「カフェ・スルス」。
私もこんな感じのお店なら仲間と一緒に開店してもいいな〜と思ってしまいます。

「あずかりやさん」質屋に似ているが質屋ではない。
曰く付きの品物を預かってしまい、その品物にまつわるエピソード。

「伊藤米店」のつくるおにぎりが大ヒット。

他「チンドン屋」「三波呉服店」「キッチン田中」「砂糖屋綿貫」など
心温まるお店が開店する明日町こんぺいとう商店街のお話。

こんな商店街でお買い物したいと思いました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2014-02-04 (火) | 編集 |
気がついたら買い置きの小説を切らしていた。
こう書くとまるでタバコみたいに聞こえる。
小生の場合、多くは小説を買い置きして空き時間に読んでいる。
それが小生の読書スタイルである。

購入は大型書店(八重洲ブックセンター、丸善etc)や
駅ナカ書店(手軽に買える便利さ)などであるが、
一番多いのはBOOK OFFなのだ。

新着は無理なのだが未読の小説がたくさんあることと、
安いに尽きる。
その割に本に破れやシミがなく(古さはあるが)
不満無く読める点は高く評価している。

さて小説の選び方だが著者第一なのだ。
気に入った著者を先ず見渡し新しく入荷した本があれば、
即購入する。

ない場合は他の著者のタイトルで引き付けられる本を手にする。
裏表紙の紹介文が気に入れば目出たく選ばれる訳だ。
「君は選ばれたのだ。」トイストーリーか・・・(笑)

そして実際に読んで更に気に入ればお気に入り小説家になり
次回から購入優先順位上位になるという寸法である。

そうして選んだ小説と違い、衝動買いも多々ある。
直木賞とか芥川賞とか本屋大賞、ベストセラーなどの
所謂ミーハー的なところもありんす。(爆)

どちらにしても文字だけなので読んで勝手に空想できる所が
自分に合っているのかもしれない。
自分のペースで読める点ももちろんある。

次回直木賞作家姫野カオルコの昭和の犬の感想を書いてみたい。
ミーハーで買ったのではないよ・・・なんちゃって。
六番目の小夜子は忘れていません。必ず書きます。(^-^)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2012-04-03 (火) | 編集 |
パイロキネシスを扱った小説を2冊紹介し、

ワンピースの海軍大将赤犬と比較してみたい。


宮部みゆき作品:クロスファイア
クロスファイア

スティーブン・キング作品:ファイア・スターター
ファイア・スターター

(ワンピース)海軍大将 赤犬:誰でぃー、エースを葬り、青キジを倒したわしに喧嘩を売る奴は!
赤犬

あらすじはいづれもWIKI抜粋
[READ MORE...]
2012-03-30 (金) | 編集 |
EEスミスのレンズマンは私にとってヒーローでした。ツイッターでも随分つぶやきました。

残念ながらあまり好評ではなかったけど、自己満足はしました。ヾ(≧▽≦)ノ

レンズマン

地球人のレンズマンである主人公キムボール・キニスンの成長と活躍を物語の軸に置き、

銀河文明とそれに敵対する宇宙海賊ボスコーン(ボスコニア文明)との、

宿命的な全面戦争に到るまでの波瀾万丈の物語を描く。(WIKI抜粋)
[READ MORE...]
2012-03-26 (月) | 編集 |
入社した時、上司から薦められた本に「企業は人なり」「人を動かす」があった。

今その本を引っ張り出してきて読み返していた。

当時、上司は「人を動かす」は営業のバイブルで応用がきくから是非読むべきと教えてくれた。

その本を読んでみてちっとも色あせていないのには驚くばかりだ。

今日その中で特に紹介したいことがあるので、ここでとりあげることにした。

人を動かす

[READ MORE...]
2012-01-31 (火) | 編集 |
フィリピーナ・ジェマは私のフォロワー夜色 彩さんの作品です。読み始めて読了まで長い時間かけてしまいました。何分いろいろ好奇心の塊の私でありますれば移り気も人一倍あり、今日はこの作品、明日はあの作品、またあっちへ行ったりこっちへ来たりとしていたため中だるみとなり、遅々として読み進まぬ日があったりで今日までかかったしだいであります。

歌手の卵を発掘して一人前に育てることに奔走してきたレイコさんがフィリピーナ・ジェマと出会うところから始まります。当時フィリピーナが日本に出稼ぎに来ていた時代背景があり、貧しさの中に毅然とした生き様を見せつつ、どこか華奢な体と異国の地で不自由な言葉を駆使しながら働かなければならなかった境遇をよく描写しています。

そんな彼女に天はひとつの才能、歌を与えてくれていたわけです。読み進むうちにどこへ向かい大団円になるのか皆目検討もつかず、何ゆえに彼女はここまで苦しまなければならないのか、世の中の不平等、不条理を思いながら読み終えました。最後は安堵のため息をつきながら、さて感想を書かなければと思いいまこうして筆をすすめました。

少し長い小説ですがお勧めです。ぜひご一読を!

フィリピーナ・ジェマ 夜色 彩 作品

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
読んだらぽちっと押して (^-^)/