FC2ブログ
転生したらスライムだった件を中心に、ドラクエ、エターナル・ラブ三生三世のコメント、感想など吐きます。
2019-09-14 (土) | 編集 |
カリュブディス

中庸道化連にまんまと騙されて黒豹牙フォビオは暴風大妖渦になってしまった。
ミリムに復讐したい一心が招いた心の隙を突かれたわけよのさ。
目指すはミリムのいる都市リムル!

さてこの暴風大妖渦(カリュブディス)はどのくらい強いのだろうか?
暴風流ヴェルドラの魔素溜から産まれたとされてる。
魔王フレイ(有翼族)が恐れるほどの強さがあり災厄級(カラミティー)と言われてる。

魔物にランクがあり災厄級とは特Aクラスのことであり上位魔人、上位悪魔など。
国家転覆規模の危険度があるよのさ。

その上がSクラス、災禍級(ディザスター)、魔王など。
大国の総力あげてやっと対処可能なレベル。

さらに上が特Sクラス、天災級(カタストロフ)ヴェルドラなどの竜種や一部の魔王。
国家では対処不可能、人類が国家の枠組みを超えて協力し、生き残りの命運をかけるレベル。

13匹のメガロドンも脅威なわけ。
クラスで言えばAクラス、災害級(ハザード)。
街に激甚な被害が及ぶ可能性が高い。

ちなみにイフリートはA+あたりらしい。

こんな魔物が攻めてきたのだからリムル達は大慌てだよ。
迎え撃つは鬼人ベニマル、シオン、ソウエイ、ハクロウ、ゴブリンライダー、
ゲルドとハイオーク達、ガビル達。
助っ人がペガサスナイト。

苦戦するも最後は打ち負かしたのだが、暴風大妖渦を負かしたのはミリムの一発なんだよね。
改めてミリムの強さが目についたわけ。

この戦いで分かったことはリムルの部下達ならAクラスの魔物に対処可能だということ。

みんな相当力つけてるよね。

肝心のリムルの強さは何クラスかここではハッキリしないが
Sクラスに未だ至ってないと思う。
特Aクラスなんじゃないかな・・・個人の評価なので諸説ありんす。(^^;


2019-09-13 (金) | 編集 |
ラプラス

魔王カザリームの配下が中庸道化連なわけ。

魔王カザリームは勇者レオン・クロムウェルに倒されてしまった。
勇者レオンは堕落し魔王レオンとなる。

魔王レオンは中庸道化連にとって仇なわけ。

中庸道化連のリーダーはクレージーピエロのクレイマン、現十大魔王の一人。

ワンダーピエロのラプラス、クレイマンを覚醒魔王にしようと裏で糸を引く。
トレーニーに片腕を切り落とされるも超回復にて元どおり、ユニークスキル「詐欺師」の
保有者、実力を隠しているが魔王クレイマン以上であることは確実。

アングリー・ピエロのフットマンは外見に反して計算高い性格。
オークを利用して魔王誕生計画を遂行していた実行犯。
単なる力比べなら今のベニマル達鬼人より強く歯が立たない。

ティアドロップ・ピエロのティア、魔王誕生計画を遂行していたメンバーの一人。
力はラプラス、フットマンより劣るがクレイマンと同じくらいはありそう。

カザリーム含めてこの四魔人はデスマン(妖死族)なわけ。
死んでも心核さえ失わなければ蘇る能力がある。
敵に回すととても厄介なわけ。

とは言ってもリムル達と敵対してる以上、いずれ衝突は不可避。
率直なところこのままではリムル達にとって部が悪いことは確かなわけ。

さあどうするのかな?

その前にカリビュディスとの戦いが待ってるぜ!



2019-09-11 (水) | 編集 |


オープニングソング メグルモノはネームレスストーリーに比肩する大好きな曲だ。

雨上がりの空 星を数えた夜に
溢れた雫は 揺れる世界を写す
あらゆる事象(いのち)が 二律背反(アンビバレンス)を抱えて
流れる日々の中で瞬く
儚く散る花も 吹き荒れる風も
過ぎ行く今の証
刹那を生きるものへ あまねく届く歌が
自由の果てへ駆り立てるだろう
生き抜けと
We will find the way
誰もが等しく希望という種を持った メグルモノ
こじ開けた扉は語ることなく かすかな雲間に
星は巡る

ああ、なんて切なく、儚く、愛おしい歌なのだ。
そしてそこで生きる者たちへ、等しく希望を与えてる。
そんなふうに聞こえる、感動すらもたらしてくれるオープニングソングなわけよのさ。

 We will find the way ♪


2019-09-10 (火) | 編集 |
ヒューズ
ヨウム1

ジュラの新興勢力リムル達がオークロード率いる20万の軍勢を撃退したことが
西側諸国に伝わり、各国首脳に激震が走った。

ブルムンド國から自由組合連合ギルマスのフューズがリムルを見極めにジュラテンペストへ。
ファルムス王国からヨウム率いる雇われ辺境調査団が同じくジュラテンペストへ向かった。

一方ユーラザニア獣王国から魔王カリオンの片腕黒豹牙フォビオがリムル都市にやってきて
揉め事をおこしていた。

このエピソード17は後の西側諸国を巻き込んで起きるイベントにとても重要なんだよね。
キーパーソンが半分以上登場してるわけ。
各々の特徴や性格がよく表れていて、見るものを楽しませてくれるんだよ。

イベントのプロローグみたいなエピソードになっていて、ほっこりしちゃうんだな。

あのカイジンとリムルを貶めたベスターが改心し、99%の回復薬を開発しちゃうわけ。
その成果をリムルに褒められて、目頭を涙で濡らすベスターの変貌ぶりにウルッときちゃう。
誰が・・・俺がだよ!・・・ふっ・・・

フューズはドワルゴンと国交を結んだことを知り警戒を解き、温泉で寛ぐしね。
これこれフューズ君、温泉でお酒など飲んでていい身分だね。

リムル都市へ来る途中、大型スパイダーに襲われたヨウム一行は身構えてる間に、
ゴブタ率いるゴブリンライダーに、あっと言うまにスパイダーは駆除される。
強くなったねー、ゴブタ君・・・

このスパイダー、茹で上げたら超巨大なタラバガニに見えちゃうって、美味しそう。
訪問者含めて、ジュラの住民達と大鍋を囲んで宴会なんて想像もしなかったろうね。
魔物と人間が和気藹々と鍋つついて、酒飲んで盛り上がってるんだから。

ん? ミリムのこの顔は・・・

集う

揉め事起こしたフォビオを打ちのめしたので駆けつけたリムルに褒めてもらおうとしてるわけ。

ミリム「ふふーん、ふーん」

最古の魔王で超強いイメージ なし!
精神は完璧にお子ちゃま。
頭なでなでみたいなー。

憎めないよね、ほんとうに憎めないということかしらん。(笑)

フォビオはミリムに対して屈辱感と復讐心を燃やすんだけど、わかんないんだよね。
逆立ちしても勝てない相手に、そんな感情ってありなのかと疑問に思っちゃうわけ。
普通は恐怖心しか湧かないよね。

その復讐心が次のカリビュディスに繋がるわけなんだけど、ちょっとどうかな?
それがフォビオのキャラと言えばそうなんだろうけどね。

ヨウムに面白い提案したリムルはヨウムをサポートすることにしたのよさ。
ヨウムって何か持ってる男かもね。





2019-09-09 (月) | 編集 |
ミリム

ガビルの妹やその親衛隊に名前を与えたリムルはガビルにも名前を与えてしまった・・・
それは不本意だったみたいで、喜ぶのはガビルだけだったみたいね。

リザードマン達はドラゴニュートに進化しました。(^^)

リムルって名前がないと呼びづらい理由だけで名付けしてんだよね。
進化させるとか、強くするとか、そういう意識はまったくないわけ。
だから余計名前をもらった方はリムルを神のごとく尊敬し崇めちゃうわけよ。

それが全部リムル本人に還ってくることなんて夢想だにしないわけ。
そこがある意味大物なんだよね。
そこもこのアニメに惹かれるところだと思う。

安心したのもつかの間、十大魔王の上位魔王、ミリムの関心を買ってしまった。
カリオン、フレイ、クレイマン三魔王に手出し無用と釘を刺しジュラテンペストへビューン!

このアニメどうも少女系のキャラが多い、ミリムはその典型だよね。
年齢はここだけの内緒だがリムルの何倍もあるわけ、つまりXXX百歳・・・( ̄^ ̄)
そして世界に四柱しかいない竜種の一柱なんだよ。

ミリムはヴェルドラにとって姪になるわけ。
後二柱がどこかにいるのだけど、今のところまだわかっていない。

ミリムの下限の魔素量がリムルの十倍もあるみたいなので、勝てるわけもない。
しかし、そこはリムルの策士としての能力が上回った。
精神はお子ちゃまと看過したよのさ。

リムル最大奥義「蜂蜜食わせ」でミリムを陥落したんだー♪
すげーよ、すげーーーリムル♪

で、ミリムとマブダチまでなっちゃうんだから、人誑し・・魔王誑し?
こういうところもリムルの魅力になってんだよね。

シオンに言わせると「リムル様なら当然です。」胸を張って言われそうだわ。


2019-09-08 (日) | 編集 |
ジュラ

オークロードを倒したリムルはオーク達を許しドライアド立会いでジュラの大同盟を成した。

当然ジュラの盟主は森の管理人のトレーニーさんだと思ったのだが
あっさりリムルに丸投げなんだよ。
リムルも驚いて汗をかきかき、渋々うけたのね。
ほんと、リムルって人がいいんだよなー。

オークはオーガの里を滅ぼしたので、ベニマルへ俺の命で贖って皆を許してくれって懇願するわけ。

ベニマルの返答がかっこよすぎだよね。
思うところはあるが、いい人材をリムル様の許しも得ず殺しては・・・
なんて器が大きいっての。

親分ができてると子分まで良く育つ典型なんだろね、ねっリムルー・・・(くす、恥かしい?)

オークのリーダーにゲルドと名付け、15万のオーク全員に名前をつけたのよ。
全員ハイオークに進化したんだよ。
リムルはどんだけのことしたんだろね。

驚いてガゼル王までやってきて奥義の剣、地天轟雷でリムルを首実検したのよ。
それに合格したリムルはドワルゴン國と同盟を結んだわけ。

リムルは元が人間だから亜人ともうまくやってけるんだよね。

国づくりにおいては理想を持ってる訳だから迷いがない。
そんな主人を見てる部下はとても信頼してるんだね。
小梅太夫じゃないけど、ちくしょうー!と叫びたくなったわけ。
だって羨ましいじゃないかい。


2019-09-06 (金) | 編集 |
飢えるもの

ゲルミュットを食ったゲルドはオークロードからオークデザスター(魔王)に進化した。

捕食者のリムルと魔王ゲルド飢餓者の戦いは熾烈を極めた食い合いだったわけ。
リムルが言うには食い合いはリムルに分があったみたいね。

魔王になってないリムルが魔王まで負かすってどんだけ強いのかな?
リムルの勝ちで決着はついた。

本当に感心して凄い奴だなとリムルを思ったのはこの後の出来事なんだよ。
ゲルドの抱えてる罪や苦しみもみんな食っちゃったのね。
そして荒地が一面豊かな緑地になり水が流れ豊穣な大地に変化したわけ。

ゲルドはすっかり肩の荷を降ろし、リムルに感謝したわけ。
そして天に召されたんだよ・・・(泣)

リムルは大したスライムだ、小さき者だけど器が大きいんだ。

見習って欲しいわけ、どこかの大統・・・に・・くわっはははー・・(失礼)

2019-09-05 (木) | 編集 |
ゲル1


ゴブリンの長の長男にリグルと名を与えたゲルミュット。
リザードマンの首魁の息子にガビルの名も与えた。
そして死の淵にあるオークの長にゲルミュットは食事と名をやった。

魔物に名を授けることは己のエネルギー(魔素量)を分け与えることであり、
名付けられた魔物は力が増し強化され、進化する。

さすればゲルミュットっていい魔人じゃね?
無償で魔物を強くしてやり、命まで救ってやるなんて、なかなかできないよねー。
弱肉強食の世界で弱者に手を差し伸べてんだぜ、できたお方だよ。

だってさ、比べてみて。
街中歩いてた女子を付け回し酷いこと言って暴力振るっても見て見ぬふりの何と多いことか。
しかも助けを求めてんだぜ。

ねっ、ゲルミュットっていい魔人だろうーー・・・・・

表向きはそうなんだけど、実は裏があったというわけなのよさ。
魔王クレイマンの僕ゲルミュットは自分の手足となる魔王を産み出すためだったのね。
もうすぐ目的達成というところで邪魔が入ったわけ。

まさか虐げられたものがリムルの下に集い力をつけて立ち塞がるなんて思いもしなかった。

ゲルミュットの目論見は崩れリムルと相対したがあっさり負けてしまったわけ。
名持ちの魔人だから決して弱くはないのよ。
リムルが強すぎたわけ、力量を見極められなかったゲルミュットが悪い。

しかも助けを求めたオークロードに首を切り落とされるなんてドジだよねー。

自分の力を過信したのがゲルミュットの敗因かな?

オークロードはゲルミュットを食らって進化したよ。

恐ろしいオーラを纏ってリムルを睨みつけた。

どうなっちゃうのかな。
2019-09-03 (火) | 編集 |
オークロード

飢餓で苦しんでいたオーク達、生まれてきた赤ちゃんにミルクも与えられず、
次々と死んでいく。

今の世の最貧国の民が難民となり、放浪中に命を落としていく姿とだぶるんだよー。

辛いよね、悲しいよね、苦しいよね、神は何故こんな試練を与えるのかと呪うよね。
オークは逃げ込める場所などなく、追い詰められていたわけ。
そこに悪意を持った魔人ゲルミュットが現れた。

仮面をつけた魔人、見るからに胡散臭い雰囲気がプンプンだぜ。
オークの首魁は飢えと渇きで死の淵にいた。
まともならゲルミュットの提案など受けなかったと思うよ。

しかし悲しい哉、藁をも掴みたい所に、食い物と名前を差し出されたら拒否などできぬ。
拒否は死を意味したんだもん、王の死はオーク種族の絶滅の可能性もあったわけ。
しかたなかったんだ、ゲルミュットの言い成りになるしかね。

食事して飢えをしのぎ、名を貰い オークキング・ゲルドが誕生した。

ユニークスキル飢える物を獲得し、種族の飢えを全て引き受けた。
オークの皆んなが飢えないように肩代わりしたわけ。
それは首魁の半端ない優しさから来てるんだろうなと思うんだ。

ただ、その代償があまりに大きかった。
オークキングはいつも飢えていた、満たすために食えるものは何でも食った。
オーガの里が襲われたのも飢えを満たすためだったわけ。

そして誰を恨むでなく、飢えを満たすためジュラの森の餌を求めて進軍していた。
その途中に立ちはだかるリザードマンもオークにとって餌だった。

怖いよね、怖いよねー。
オークキングは片っ端から食いまくり、オークロードに進化したわけ。

リムルは空からオークロードを視認した。

リムルとオークロードの一騎打ちは避けられない。


2019-09-02 (月) | 編集 |
オーク

ゴブリンを伴ったガビル一行はオーク群と戦闘中だった。
共食いしたオーク群に怯んだ一瞬、リザードマンの一人が犠牲になった。
それを食ったオークは彼のスキルを我が物にし、鱗、水かきを得て俊敏になった。

さーて、ガビルはそれ程馬鹿じゃなかったわけよ。
初めてオークの強さを理解したわけね、それで皆を引き連れ逃げようとしたが
時すでに遅しで、囲まれてしもた。

謝っても済む話じゃないし、逃げられないし、負けを認めて全滅もやだし、
腹をすかして襲いかかるオークの目はいっちゃってるから、食われちゃうわけよ。
時間稼ぎのわけじゃないだろうけど、円陣を組んで防戦することにしたわけ。

どこまで持ちこたえられるかガビルにとってもわからなかったのね。

一方リムル達は戦地に赴く途中リザードマンの首魁の娘を救っていた。
彼女をリザードマンの代表と認め急場の同盟を結び、囚われた首魁を
ソウエイが助けたのね。やはりソウエイはできるイケメンなのね・・・フッ・・

オークジェネラルとサシの勝負を挑んだガビルは五分の戦いをしていた。

思った以上にガビルも強いなと思ったよ。
サシの勝負は部下やゴブリンを守るためでもあるとおいらは睨んだわけ。
しかしジェネラルはそれ以上に強かった。

空中に飛んだガビルは上部からオーク目掛けて槍を突き下ろした。
しかしジェネラルの盾に阻まれ、斧で薙ぎ払われ吹き飛んだ。
そこへ斧が一閃ガビルの頭へ迫ったわけよ。

死んだ・・・そう思った瞬間斧は弾かれた、おっ漫画のような展開、リムルか?

・・・アニメなんすけど・・・

ななな、なんとゴブタ君じゃありませんか! かっこよすぎー!
ハクロウに鍛えてもらってるからガビルより強いのは確かだよね。

鬼人達も戦いに加わって武装オークを蹴散らしてますよ。

ベニマルの範囲魔法はリムルの黒炎魔法みたいで超強力、千人単位で消し去ってる。

シオン大太刀の斬撃は大地を破り裂き何百m先のオークまで消し飛ばす威力だもん。
リムルがそれ見てシオンを怒らすのは止めようとまで思わせる獰猛さだよ。

そしてランガはついにテンペスト・スター・ウルフに進化しました。
歌舞伎なら、待ってましたー!の掛け声があがりそうですわ。
オークジェネラル含めて数千単位のオークを壊滅させたデスストームが超絶すぎて恐ろしい。

そしてリムルの目に留まったのがオークロードだったわけ。

リムルとオークの首魁の一騎打ちが始まろうとしていた。




2019-08-31 (土) | 編集 |
ドライアド

あれ?
リムル、ベニマル、シオンとシュナがジイーっと誰かを見つめてるよ。
その視線の先にいるのは緑色のトレーニーさんじゃありませんか。

って、ケアテーカーさんは知ってるかも知れないけど、初登場なんすけど。

失礼しました。m(__)m

ジュラの森の管理者の木の妖精、ドライアドのトレーニーさんでした。
オークロードに率いられた20万の武装オークはジュラの森にとって脅威になってる。
オークの討伐をリムル達へ依頼しにきたというわけね。

どうもドライアドだけでは手に余るのが本音みたいやわ。
最初リムルも困ってたが鬼人達にとっては仇だからシオンが勝手に引き受けちゃったよ。
人の良いリムルはしょうがないと半ば諦めたように引き受けたわけ。

秘書兼護衛のシオンは大喜びですわ。^^;

でもねー、ホブゴブリン、ゴブリナ、テンペストウルフ、鬼人達では
戦力不足だよね・・・ここはリザードマンにも頑張って欲しいわけよ。
しかし、あのガビルじゃちょっと心もとないよね。

ソウエイ

リザードマンの首魁へ直接リムル様の話を伝えに行くと申し出たではないかーい。
リムルはまかせたと言えば、ひとつ返事でさっと消えるソウエイ。

いやーその後のリムルの言葉がいつまでも残る程おもしれーんだわ。^O^

リムル「何その自信、やだイケメン。」<ーー韻ふんでるし。

ソウエイはリザードマンの首魁に会いリムルの言葉を伝えた。
リムルが同盟を望んでること、リムル到着まで戦いを始めないこと。
オークの中にオークロードがいて危険極まりないことなど。

首魁は鬼人の実力を知り、それを従えてるリムルの凄さを直感し
直に会ってから同盟を結ぶことをソウエイに告げた。

・・・・・・

しかし、ガビルがね・・・ガビルがオークロードの危険さを知らなかったのよ。
己の力を過信してリザードマンの領地で戦さを始めてしまったわけ。

切りかかった最初は良かったけど、倒されたオークが共食いしたんだわ。
共食いの後のオークは怪しい力を増したわけ。
牛丼の増し増しみたいなー、ハッキリわかる雰囲気が現れてがビルは驚愕したね。

あああ、どうなっちゃうのかな?
リムル達が到着する前にリザードマン達は滅んじゃね。

どうするよ、ガ・ビ・ル !


2019-08-29 (木) | 編集 |
ガビル

ゲルミュットにゲルドと名付けられ食い物を貰ったオークはハイオークに進化し
魔人フットマンと共にオーガの里を襲った。

オーガの里は焼かれ残ったのは僅か6名、オーガはリムルとの戦闘後リムルの配下に入った。

オークの群れは重装備し20万をはるかに超えた軍団に増えていた。
ジュラの大森林を侵食しつつリムルの村へ近づきつつあったが、
その途中にリザードマンの支配地域があり、その長はある恐怖を抱いていた。

だよねー、だよねー。
普段ばらばらな豚どもが、なんでそんなに統一されてんのかと思うわけ。
しかも20万もの豚が一糸乱れず行軍するなんて可笑しいわけ。

オークロードがいるはずなんだけど、それって大変なことなんだよね。
リザードマンの戦力は1万人だから、そのままでは負け確定ね。
だから長はガビルにジュラの森へ仲間集めを命じたんだよ。

ただねーこのガビルはねー、ネームドなんだけどチト軽いってゆーか、
お調子者というか、ほんまに責任果たせんのーと思っちゃうわけよ。
まっ一応ネームドだし、次期リザードマンの首魁候補だし、部下にも信頼があるようだし、
責任感もあるみたいだし・・・そこそこ期待はしてるんだよね。

村々のゴブリン達を仲間にして7、8千人くらい戦力になって、
ようやくリムルの村にやってきた。

結構戦力アップに気を良くしたか、元々調子こいてたかわかんないけど、
カッコつけてリムルの前に上から目線(今の韓国政府みたいな、爆)で登場しちゃったわけ。
リムル達はスゲーかちんときたよね。(今の日本政府のように、国民も同じく、苦笑)

ガビルと勝負することになったが、なんとランガがゴブタを推薦したのよ。
終わったと思ったね。あのゴブタだぜ、ランガでなく、シオンでなくソウエイでもない。
あのゴブタじゃねーと思って見てたわけよ。

そしたらどうよ!
影移動を使ってガビルの後ろに現れて、蹴り一発で失神させてしもたわけ。
えっ ゴブタいつのまにそんな技覚えたの?っと驚いたね。
リムルも驚いてたし、おいらだけじゃないみたいだった・・・
けど、リムル以外は皆当然という態度に、またビックリですわ。

ゴブタ本当に意外性があるんだよなー。

それにしても尻尾巻いて逃げてったリザードマンって弱すぎんじゃね。
大丈夫か?と心配になった。

しかしオークロード率いる軍団はリザードマンの領域の目の前まで来ていた。

んんんんんん・・・心配やなーーー頑張れよガビル!


2019-08-27 (火) | 編集 |
鬼神

名前をもらったオーガ達は進化して鬼人になった。
そして魔素量も増え格段に強くなった。

右からハクロウ、シュナ、ベニマル、シオン、ソウエイなのだ。

・・・あれ?・・・一人たりないすか?

くろべ

クロベエ、リムルが顔を見て普通のオッさんと凄く安心したのが面白かった。

ハクロウは渋い銀髪の相談役みたいで貫禄があるし、
ベニマル、ソウエイはイケメンだし
シュナはとーっても可愛し、シオンはボインの魅力いっぱいの美人だよ。

でもおいらから見たらリムルは羨ましいとおもうわけ。

これからいつもリムルはシュナとシオンに取り合いされるんだもん。

そんなの羨ましすぎるってもんっしょ。

・・・・・


2019-08-26 (月) | 編集 |
オーガ

オーガって平たく言えば鬼系統の魔物だよね。
ジュラの森の中でも上位に位置する強い魔物なわけ。
鬼だけあって怖い顔をしてますよ。

これは怒ってるんだ。
なんで怒ってるかというとオークに襲われ300人近くの仲間が殺されたわけ。
生き残って逃げ延びたのがこの6人みたいね。

普通は豚野郎に鬼が殺されるわけないっしょ。
魔神が裏で糸引いたから、こんな有様になったと思ってるわけ。
オークと一緒に仮面をつけた魔神をみて確信したのね。

それで森で遭遇した進化したゴブリンと戦いになり
助けに駆けつけた仮面をつけたリムルを見て襲撃者に間違い無いと誤認しちゃったわけ。
ゴブリンやリムルは何故オーガに恨まれてるかわかんないよねー。

これって、いわゆる冤罪よね、冤罪。
冤罪ってこうしてつくられるのね。ʅ(◞‿◟)ʃ

ゴブリン達を圧倒したオーガだけど相手が悪かった。
麻痺吐息で動かなくされ、粘糸硬糸で自由を奪われ、強打一発で戦闘不能。
いや〜流石リムル強いねー。

それでも諦めぬオーガ、爺いがリムルの腕を切り落とし赤鬼が爆炎で焼き尽くす・・・

きかねーな、きかねーよ、リムルの超速再生と耐熱変動耐性の前では効果なしってわけ。

リムルが巨大な黒煙を出して心を折ろうとしても戦おうとした赤鬼、
ピンク鬼に止められて、やっとリムルの話を聞こうとしたのね。
オーガってほんまに頑固やね〜。

誤解が解けて名前までもらってリムルに忠誠を誓ったシーンは、
ただただ、リムルの人たらし・・・いや、鬼たらしをみてるみたいな〜
秀吉か〜いってツッコミ入れたくなりましたわ。
ほんまでっせ。(笑)

問題はオークやね、オークがリムルにどう牙をむくかってなわけ。



2019-08-25 (日) | 編集 |
エルフ

カイジン達を助けたリムルはカイジンに夜の蝶へ接待されましたー♪

そこに待っていたのは、なんとーむふふなエルフたちでしたー♪

リムルがうらやま・・・コホン・・・いいな〜接待されて。

三上悟だった頃は何もいいことがなかったわけ。

リムルは大はしゃぎ、のぼせ上がって声が裏返ってるし💓

そりゃそうっしょ、グラマスなボイ・・・コホン・・ボディー
愛くるしい瞳、可愛らしい唇、そんなお色気のあるエルフがたくさんだよ〜💔

有頂天になるよね、なるよね〜♪

素が37歳独身、童貞だったんだからね、浮いた話一つもなかったし。
無理もないよね・・・はあーーーって、羨ましがってるばあいかー!

エルフ2

あっあっあーリムル〜なにやってんの〜(//∇//)

胸があたってにやけてるんじゃねーよ。

おいらもスライムになりたかったよー( T_T)\(^-^ )

こうしてリムルにやっとボヨヨンな春がめぐってきたのでしたとさ。


2019-08-24 (土) | 編集 |
リムル

シズさん、ベッドに横たわっていて息も絶え絶えです。
リムルにそっと話しかけてきた。

炎の精霊イフリートを憑依され友達を殺してしまったこと。
魔王レオン城に攻め込まれ撤退戦のしんがりを務めたこと。
そして、そこで勇者に会い戦いになり、とても強い勇者に死を覚悟したと。

しかし負けたシズさんの手を取り抱きしめてくれたこと。
そして保護され一緒に旅して、誰かのために戦って嬉しかったと。
その時に貰った仮面がイフリートを押さえ込み、力を制御できたこと。

でも勇者はシズを残して姿を消した、またいつか会えると・・・

初めて理解者にめぐり合い、シズさんはそれはそれは嬉しかったのさ。
いじめにあってた時、手を差し伸べてくれた味方みたいな感じだったのさ。

シズさん強くなろうと決意したんだ。
苦しんでる人を助けようと結構頑張ったのさ、何十年も。

シズ「偉いと思わない?」

この言葉は軽く言ったけどシズさんのこれまでの大変な努力と苦労が察しられた。
だからリムルはそれをわかったのでこう答えたわけ。

リムル「ああ、偉いよ。」

シズさん歳をとってイフリートを抑え込むのが難しくなり、
また人を殺めてしまう恐怖から冒険者を引退し指導者になる決意をしたわけ。

むむむ・・見た目若いし。

イングラシア王国で学校の先生になり異世界から来た子供達に教えてたこと。
とても楽しかったと笑顔で話したシズさん。
でも離れていった子もいたわけ、その子は坂口日向(ヒナタ・サカグチ)
シズさんより強くなり、西方聖教会の聖騎士の総帥になる。

西の王国、東の帝国から魔女と呼ばれ、強さは魔王クラス、ガゼル王以上。
スキルも隠されて秘密のままだし、不気味さを増し恐れられている。

教え子のもう一人はイングラシア王国のグランドマスター、ユウキ・神楽坂。
ギルドマスター総帥の他に異世界から来た子供達の後見人のようなことをしてるが・・
まさか、あの善人面してねーーー彼には彼の信じる理想があるのはいいけど・・・

リムルが最大の苦境に会うのはこの二人のせいなのだよ。
それはまだまだずっと後の話だけどさ。

そして今の子供達、魔素が制御できなく寿命が後数年らしい。
なんとか助けたいとリムルに言い残す。

最後に魔王レオンにあって確認したいことがあったので旅に出たと。
復習したいわけじゃなく、予習したい・・・ちがーう!
レオンを恨んでるわけでなく、ただシズがいたことを認めさせたかったと。

シズ「私を食べて、スライムさんの中で眠らせて。」

少し間をおいて、リムルは願いを聞き捕食者でシズさんをゆっくり包み込んだ。

この間はリムルの優しさなんだと思う。
リムルが魔物達から慕われる理由なんだよね。

涙がツーと落ちるシズさんがリムルの中で仮面の勇者に会う。
駆け寄っていくシズさん・・・見てるこっちが涙目になりそうだった・・・
しかし、蜃気楼のようにかき消えた。

そして、もうひとつの光の中には縁側にお母さんが座ってシズに微笑んでいた。
駆け寄っていくシズさん、シズはだんだん小さくなり母に抱きついた時には、
空襲で引き離された少女に戻っていた。

やっと安住の地に戻れたのね・・・涙目から溢れていた。( T_T)\(^-^ )

リムルはシズさんのスキルを受け継いだ。
そしてシズさん似の人型へと変身した。

リムル「シズさん、約束する。想いは必ず伝える。」

リムル、スライムからかっこいい人になった・・・可愛いの間違いじゃね?

うんうん、そこはスルーね。


2019-08-23 (金) | 編集 |
爆炎の使者 イフリート

   井澤シズエ       の中の
  イフリート


伝説の英雄と言われた爆炎の支配者が井澤シズエだった。

シズさんはイフリートを制御できなくなっていた。
魔王レオンによれば相性の問題なのだが、相性の裏側には悲しい出来事があったのよ。
最初の友達をイフリートがレオンの敵と認識したことからシズさんは本能的に殺したわけ。

友達の可愛いペットもろとも焼き殺しちゃったから、そりゃショックだったよね。
ペットの名付け親で進化を促した一方の親でもあるの。シズさん号泣ですわ。(ToT)
それからイフリートを拒絶するようになったみたいね。
シズさんの気持ちはよーくわかる。

それで相性が悪くなったみたいね・・・そうなの?

いいの!とにかく相性がわるいのよさ・・・<ーラミリスの口調になってる。Σ੧(❛□❛✿)

せっかくリムルと友達になったのに、イフリートが現れて戦いになってしまった。
イフリートはサラマンダー3匹召喚し、リムル達に襲いかかった。
リムルにとっちゃ青天の霹靂だよね、運命の人なんだからさ。

例えばさ、一目惚れした子と意気投合したのに、突然人が変わって戦う羽目になったら?

こまるよね、困るよねー、おまけに運命の人なんだし。(/ _ ; )

リムルはエレンのアイスクル・ランスを解析し自分のスキルにしちゃった。
大賢者グッジョブ! ふっ  ・・・えっ、大賢者のドヤ顔がみえたような。

リムルは2匹のサラマンダーをたくさんのアイスクル・ランスで一瞬にして葬った。

つつつよい!リムル強すぎーーーってあと1匹は?
はい、勝てぬと知って自爆攻撃してきましたが、冒険者は傷ついたけど無事だよ。

残るは親玉イフリートだけね。

イフリート分身体が20体近く出現。
リムルは分身体をアイスクルショットで全て倒してしまう。
しかしそれは罠だった。
爆炎の魔法陣に誘い込むためだったのよ。
全てを燃やし尽くす爆炎が無詠唱でリムルに襲いかかった。

リムルは絶叫した。
あまりの絶大な業火、炎化爆獄陣がリムルを焼き尽くす。
遠くで見守っていた冒険者やランガ、ゴブリン達は恐れ慄いた。

リムルの絶叫を聞いてケアテーカーはかなり驚いたけど、何か腑に落ちない。
確か熱変動耐性を獲得してた筈だよね。( ̄∀ ̄)
あーーー何やってんのリムル君、やられたフリして!

リムルは硬糸で縛り上げ捕食者でイフリートだけを喰らい尽くした。

捕食者っておとろしい、そいで無敵やな。

イフリートはヴェルドラと胃袋の中で対面したわけ。

ヴェルドラ「貴様に敵う相手ではないわ。リムルは我の盟友ぞ。
   我は暴風流ヴェルドラ・テンペスト、心ゆくまで相手してやる。くっはっはっは」

ビビったよね、まさか暴風流がリムルの中にいるなんて知らねーし。
イフリートなんてヴェルドラからみたら格下だもんね。
弟子になって将棋を指すんだよね。

ずっと後の話でわかるんだけどさ。ヴェルドラ暇してんだよ。(爆)

シズさんどうなっちゃうのかなーーー。





2019-08-22 (木) | 編集 |
シズさん

武装国家ドワルゴンから戻ったリムル達はカイジン、ドワーフ三兄弟の助力を得て
着々と町づくりに励んでいた。っって、リムルは見てるだけだし。

ドワルゴンに置き忘れてきたゴブタはテンペスト・ウルフ召喚を果たして自力で逃げ帰ってきた。
・・・やっ、やるねーゴブタ君。召喚スキルまで身につけちゃって。( ̄ー ̄ )

ゴブタ君は窮地になると力を発揮し、スキルを取得するみたいね。
・・・火事場のクソ力みたいな・・・キン肉マンみたいすね。(笑)

そんな所へ侵入者がやってきたんだけど、ブルムンド王国の冒険者だったわけ。
その国のギルドマスターのフューズに命じられてヴェルドラ調査隊の三人は3日休暇の後
ジュラの森へ再び調査に出向くことになったのよね。

人使いが荒いっていうか、こっちの世界じゃブラック企業認定やな、フューズ君。

そのパーティーのリーダーがカバル、そしてソーサラーのエレン、・・・ギド。
そこへ仮面の少女シズさんが加わった。

夜の蝶でリムルは妖精に占ってもらった運命の人がシズさんだったわけ。
そのシズさんとこんなに早く出会うとは思ってもみなかった。
展開はやっ・・・

シズさんの生い立ちが可哀想なんだよ。
あの東京大空襲の中炎の中を逃げ惑う途中に母親から引き剥がされ召喚されちゃうわけ。
まっ召喚されなかったら親子共々焼け死んでたとは思うけどね。
その時シズさんは5、6歳くらいだったのよね。

気がついたら知らないおじさんの前にいたわけ。
それが魔王のレオンなんだな。
怖かったと思うよ、寂しかったと思うよ、火傷もしてたしね。

召喚は失敗だったかとレオンは冷たく言い放ったわけだから、
見てるこっちが怒りたくなっちゃったわけよ。
勝手に呼びつけておいて、手当てするわけでなく実験動物をみる目つきだよ。

お前何様!ってつい怒鳴ってやったわ。
まっ聞こえるわけないことは知ってんだけど。
万一聞こえたら魔王相手に啖呵切るわけだから、ちょー怖いんですけど。(苦笑)

シズさんの助けての言葉に、立ち去ろうとしたレオンは何かを感じて
炎の精霊イフリートを呼び出しシズさんの中へ宿したんだ。
のちに彼女は爆炎の支配者として恐れられる存在になったというわけ。

見た目20代後半から30代前半なんだけど、実際はおばちゃんみたいなんだ。
それも死期が迫ってる感じだし。
そうは見えないわよね、異世界は見た目に誤魔化されてはいせかいみたい・・・(≧∇≦)

リムルはシズさんと友達になって同郷の人だとわかるだよ。
戦争で負けた日本が復興し、発展を遂げた今の日本を思念伝達でシズさんに見せるわけ。
シズさんどんだけ嬉しかったことか。うるうる。

ちょっと待てー、リムルくん何してもらってんのーーー!
シズさんに抱っこされて・・・うらや・・じゃない、喜んでるばあいか〜!

シズさんよかったね。


2019-08-21 (水) | 編集 |


転スラの主題歌です。

最初のワンフレーズが特にお気に入りであります。

これから何が始まるのか期待に胸が膨らみますよね。
なので紹介したくなりました。

これ以降の歌詞も物語を想像させてるので、じっくり聞いちゃうよね。

「カミサマはいったい何をくれたの 答え探す旅へ start out!」って最後の歌詞は
リムルの生き方みたいだよね・・・


TVアニメ『転生したらスライムだった件』オープニング主題歌
作詞:寺島拓篤 作曲:上松範康 (Elements Garden) 編曲:藤田淳平 (Elements Garden)

まだ誰も知らない想像(フィクション)を超えていく
名も無い人生(ものがたり)を開け!

見上げた空に広がる明日(きぼう) 「what’s the name?」曖昧な日々に惑う
立ちすくむような遥かな夢も 絶望も食らいつくして

願いの形 刻み込む声 もっともっと強く fly high!

まだ誰も知らない想像(フィクション)の向こうで
ジリジリと芽生えた衝動的な skill to stay alive
今感じる全てが現実(リアル)なら いつか証になるだろう
(一つ一つ 人生(キミ)を) 名付けに行こう
(to the east, to the west, to the high)
stand up to the period! さぁ行こう!

生きる糧はどこで生まれるの We belong to 厄介だらけの街
目が眩むような朝焼けさえも 忘れ去るくらいの日々で

カミサマはいったい何をくれたの
答え探す旅へ start out!

その手をかすめて零れる軌跡を
ギリギリで繋いだ衝撃的な brand new destiny
キミから溢れだす涙もいつか誇りになるだろう
(一瞬一瞬 変わる) 時の中で
(光る キミの明日へ)
Now or never, you can go!
We just…いつか描いた想像(フィクション)の真ん中で
ヒリヒリと湧き立つ本能的なその輝きを
自分だけの実感(リアル)にできたなら もう惑うことはないだろう
(キミの人生(ものがたり)に) さぁ 名付けよう…!

まだ誰も知らない想像(フィクション)をその手で
描き続けることをやめないで you, just be yourself!
目の前に広がる全てが キミを彩っていくだろう
(一つ一つ 人生(いま)を) 名付けていこう
(to the east, to the west, to the high)
stand up to the period!

(you can shout, you can fly, you can go!)
Nameless Story is over.

2019-08-20 (火) | 編集 |
ドワルゴン

ジュラの大森林の真上に位置するドワーフが住んでいる武装国家ドワルゴン。
ゴブリンが歩いて2ヶ月かかる距離だけどランがの頑張りで3日で到着って
どんだけ速いの〜♪

ゴブタによれば天然の大洞窟を改造した美しい都でドワーフ以外に人間やエルフもいるらしい。

エルフと聞いて喜ぶリムルは三上悟の意識のままなんだよね。
エロい妄想がむふふなの、ってか君スライムってこと忘れてね?

武装国家ドワルゴンはこの1000年負けてねーらしい。
武装国家というだけあって相当強いらしい。
その国を統べる英雄王ガゼル・ドワルゴンは魔王クラスに等しい。

魔王にもピンキリなので現時点ではガゼル王がどの辺かは不明である。

ドワルゴンの入り口に到着すると雑魚冒険者達にリムルとゴブタは絡まれました。
見るからに弱っちいゴブリンに最弱モンスター・スライムの組み合わせだもん。
少し腕に覚えがある雑魚冒険者なら獲物とみるよね。
だからリムルの強さが見抜けないわけ。
どうなったかって?ふふふっはははってなわけで追い払ったよ。

大きなランガに変化して威圧一発よ。
スゲーよ、スゲーの、おいらも欲しいなこんなスキル。
不良達に絡まれたら威圧一発でしっしんさせたいよね。
そうそう、あおり運転者への威圧なんて気持ちいいよね〜♪(笑)

だけど入り口に並んでいた入国者200人あまり全員が失神するなど被害を被った。
騒乱罪でリムル達は逮捕、牢屋入り、前途多難よね。
リムルは運がいいみたいで? 彼の回復薬のお陰で負傷者を救い釈放される。
おまけにリムルが探してる鍛冶屋も紹介してまらったわけよ。

主役っていいよね・・・とケアテーカーは羨ましそうに呟いた・・・。

凄腕鍛冶屋のカイジンの問題を解決してドワーフ三兄弟とともに気持ちを掴んだ。
仲間を作る人っていつの間にかリーダーになってるね。
ワンピースのルフィーなんかもそうだし。
人徳があるっつーの? スライム徳かなー・・・・・・

そのお礼にエルフのいる飲み屋へ連れてってもらったのよね。(裏山)
お店の名前が夜の蝶ってまんまよ、まんま!
リムルは独身時代に味わえなかった、あんなこと、こんなこと
経験するの、いいこといっぱい(裏山)・・・しかーし。

そうは問屋が卸さないすよね。(笑)

ベスター大臣の嫌がらせでガゼル王の前で裁判にかけられ追放処分にあう。
カイジン、ドワーフ三兄弟、リムルは国外追放になっちゃった。
リムルにしたら彼ら四人をジュラの森へ連れて帰れるので大成功なわけ。

・・・誰か一人置き忘れているようなきがするけど、まっいいか・・・・・

こうしてリムルの旅の目標は達成された・・・はて? 呼ばれた気が・・・