FC2ブログ
転生したらスライムだった件を中心に、ドラクエ、エターナル・ラブ三生三世のコメント、感想など吐きます。
2013-08-03 (土) | 編集 |
楡家の人びとを読んで見たいと思ったのは、北杜夫が斎藤茂吉の息子だと知ったからです。斎藤茂吉は精神病医学者として有名で、何冊かその系統の本を読んで興味を持っていました。斎藤一家をモデルにした作品はそんな私の好奇心を十分に満たしました。

北杜夫自身も患者として作中にちょいと出てきます、断言はしませんが恐らくそうだと思います。何時だったかテレビで北杜夫自伝のドラマを放送したのを見て、彼が極度の躁鬱病だったと告白していました。しかし病気を治そうとせず病を楽しんでいたそうです。それを知って益々興味を持った次第です。

楡家の繁栄から没落までを大正時代から終戦までの時代背景で描いている。庶民にとっては羨ましい一家に思えたが、そこで暮らす家族は必ずしも幸せばかりでなく、嫉妬や僻み、失望、緊張などがあり、改めてどこも似たような面があるんだなと感じました。

関東大震災にあい、軽井沢から青山まで歩いて帰る場面があります。『風立ちぬ』とほぼ同じシーンです。朝鮮人暴動のデマも同じです。あの震災の時は略奪、暴動が少なからずあったようですから虐げられていた者がこの時憂さを晴らすと思っても不思議はなかったでしょう。日頃の良き付き合いが何より大切ですね。

戦争の悲惨さも描かれています。俊一が南の島で食糧難に苦しみ餓死寸前まで追い込まれる場面はまるで生き地獄です。飽食の日本に住んでる今の人々には想像すらできないでしょう。何しろネズミすら取り切って、いないのです。戦争は人間の尊厳ばかりでなく、全てを奪い去ります。一部のエゴの塊の人によって戦争を強いられるのです。それは歴史が物語っています。

戦争のできる憲法改正など拒否します。いろいろ考えさせてくれる小説でした。
下記にあらすじなどをWIKIから抜粋しております。


[READ MORE...]