FC2ブログ
転生したらスライムだった件を中心に、ドラクエ、エターナル・ラブ三生三世のコメント、感想など吐きます。
2013-05-25 (土) | 編集 |
IMG_0510_convert_20130524114734.jpg

ブログで紹介されていた小説に興味が湧きましたので早速書店に行って購入して参りました。あっという間に読んでしまい大変面白かったです。さて感想をどう書くか考えましたら、登場人物を勝手にキャスティングしようと思いつきました。そこであれやこれや考えていましたら時間がかかってしまったという次第です。

主人公は梅本杏子(うめもときょうこ)18歳、身長150センチ、体重57キロ、小学校の頃のあだ名は「コロちゃん」、和菓子のバイト先で「アン」と呼ばれるようになる。柳原可奈子を10キロ位細くした子をイメージしました。(笑)
「和菓子舗・みつ屋」東京百貨店店長・椿はるか。読心術があるみたいにお客様の意図を察知する能力に長けていて、スタイルが良い。しかしファッションセンスがない。本の横に置いた「ロビンちゃん」をイメージしてみました。(爆)

先輩アルバイトの桜井さん。梅本杏子と同じ年だけど入ったのが1か月早い。元ヤンキー娘。遅番を得意とする。ヤンキーに知り合いがいないので候補者がみつからない。(苦笑)

こんな所で勘弁して頂くとして、ストーリーはデパ地下の和菓子売り場で繰り広げられるエピソードなのです。四季折々の和菓子が登場して、その謂れとか、お客様が何故その和菓子を必要としたか、ちょっとした会話の中から見当をつけてしまう凄技が繰り出されたりする。そこから本当にお客様が求める和菓子を探し当て薦めるところが面白いのです。

デパ地下セールスで大切な事は売り上げを伸ばす事より、ロスを如何に少なくする事かなど目から鱗のような話がでてくる。なにかほんのりとしたムードで話が展開されるのが読んでいて楽しいです。劣等意識を持っていたアンちゃんがいろんな経験を通して成長して行くところが微笑ましい。

ビッグコミックオリジナルにアンドーナッツという和菓子職人を目指すコミックがありましたが、あれと同じくらい面白かったです。そして最後に辻占を解いたことでお客様とアンちゃんに胸が熱くなることが・・・

見たらブログ村ボタンをポチっとお願いします。(*゚▽゚)ノサンキュー
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村