FC2ブログ
転生したらスライムだった件を中心に、ドラクエ、エターナル・ラブ三生三世のコメント、感想など吐きます。
2013-03-20 (水) | 編集 |
日本の官僚は世界と比較して優秀なのだろうか?どのくらいのレベルだろうか?また現在の官僚と昔の官僚はどちらが質が高いのだろうか?そう考えた時官僚はどんな仕事があり、どんな職責があるのか一度深く掘り下げてみようと思い立ちました。官僚について個人的な偏見を持ってみていなかったか、そういった反省も込めて勉強してみようと思ったのです。手始めに小説、官僚達の夏を読んでみました。これはTBSのドラマになったと記憶しています。残念ながらドラマは見ていませんが少しでも官僚について取っ掛かりを掴みたい気持ちからです。

風越 信吾は佐橋 滋(さはし しげる、1913年(大正2年)4月5日 - 1993年(平成5年)5月31日)は、日本の官僚。元通商産業事務次官がモデルとされ日本高度経済成長へ導いたTOP官僚です。この当時の官僚は意地もプライドも持っていたようです。日本の将来も考えて毅然と行動していたように思えます。企業で言えば官僚はスタッフ専門職に例えられるでしょう。会社の方針を決める時、そのための情報やデータを収集しまとめ上に上げる。TOPが決めた方針に沿って行動計画を策定する。間違っても自分勝手に方針を決め、行動計画を立てるような事はしません。それは政治家の仕事です。

日本の予算は各省庁毎に決める縦割りです。最後に財務省が全体でいくらにするか削る訳です。各省庁の官僚は予算取りを目一杯することは組織上やむを得ないのです。必然的に財務官僚の力が強くなるのだと思います。赤字予算を黒字にするには財務官僚が思い切って上がって来た各省庁の予算を切らなければ、いつまでたっても赤字の垂れ流しで終わってしまいます。各省庁の大臣は個々に要求を上げるのですから、財務省の役目が如何に重要かです。

今の官僚は昔と比べて小粒になったような気がします。白州次郎が通産省を作ったときの意欲に燃えた官僚が今いるでしょうか?これは政治家の問題かもしれません。日本をどうしたいか決める政治家がいないのではないでしょうか。だから官僚を使えないでいるように思えるのです。

民主党は官僚の使い方を間違えました。官僚を使いこなして初めて一人前の政治家だと思うのです。スタッフを使いこなせない会社はいづれ倒産の憂き目に遭います。さて自民党はどこまで使いこなせるでしょうか?

『官僚たちの夏』(かんりょうたちのなつ)は、城山三郎による日本の小説。『週刊朝日』に「通産官僚たちの夏」のタイトルで連載され、1975年に新潮社より改題単行本化された。
1996年1月にはNHK『土曜ドラマ』で、2009年7月 - 9月にはTBS『日曜劇場』でテレビドラマ化された。概要や人物設定は下記に転載しておきますのでご参照願います。面白い小説です。


見たらブログ村ボタンをポチっとお願いします。(*゚▽゚)ノ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[READ MORE...]