FC2ブログ
転生したらスライムだった件を中心に、ドラクエ、エターナル・ラブ三生三世のコメント、感想など吐きます。
  • 11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »01
2015-01-13 (火) | 編集 |
ーーーーーーーーーーーキカイダー

キカイダーと言ったら石ノ森章太郎と今まで疑いもしなかった。
それがとある書店で松岡圭祐の書棚で人造人間キカイダーの小説が手招いてるではないか。
思わず手に取ってみると幻ではないことがわかった。
これは読むしかないでしょう!
迷わず購入し一気読みで本日のブログと相成った。

小説は漫画と違って想像の翼が広がる・・・(花子とアンの物語ではない、笑)
光明寺博士はダークを欺くため巧妙にキカイダーを造り、
ダークの陰謀の暴露に光明を見出した。

青い方は医療救護救難用のレスキューロボット、ゼロダイバー。
赤い方は戦闘用ロボット、フュージティブ・フロム・ヘル。
より人間に近い二面性を持たせたロボットにするため、二体を半分づつ繋ぎ合わせ、
良心回路で異なる特性のロボットをひとつにしたのが機械だ。

キカイダーのネームはダークに咎められても機械だと言い逃れる所からきている。

舞台背景が2011年以降なところに親近感が湧く。
人工筋肉に形状記憶合金が使われ、頭脳に、人工知能が使われている。
そして、光明寺博士はその基本設計に、死に対する恐怖を焼き付けている。
ロボットといえども、死とは完全なる消滅と理解してるところに人間性を感じる。

昔見たキカイダーは、ジローに戻ると人間と変わらなかったので、
ほとんど兄や、友達感覚だったと思う。
小説ほど背景を深く認識していなかった。

ジローはハカイダーとの激戦のすえ、光明寺博士を救い、
ダーク組織に壊滅的なダメージを与えた後、ギターを抱えミツコの前から去っていくのだが、
このシーンや展開はどこかで見た記憶がある。
あの小林旭の”ギターを持った渡り鳥”ではなかろうかと思ったのである。
もしかしたら石ノ森章太郎は小林旭の映画に感化されてたのかもしれない。

キカイダーを読み終わった後ふとそう思った時、岬はなぜか懐かしさに包まれた。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2012-03-29 (木) | 編集 |
松岡圭祐著 

メフィストの逆襲

千里眼シリーズは理屈抜きに面白い。エンターティメント小説に入るのではないか。

前回旧シリーズの千里眼、第一巻から第四巻を紹介したがこのシリーズはどこから読んでも

良いことになっている。いつでも岬美由紀は28歳だからだ。

今回は北朝鮮の工作員とマインド・シーク・コーポレーションのメフィスト・コンサルティング

が登場し物語が進んでいく。

日本海岸で父親の目の前で、13歳の少女が忽然と姿を消した、ところからはじまる。

一方北朝鮮の不審船が出没しているところから疑いの目をそちらに向けることになる。


[READ MORE...]
2012-03-14 (水) | 編集 |
松岡圭祐著

洗脳試験

旧千里眼シリーズでいけば4作目にあたります。文庫本としては600ページを超えますので

少しばかり厚い方ですね。結構読み応えありました。今回は爆弾テロをモチーフにしていますが、

ホンダの二足歩行ロボット、アシモも題材にしています。こういう所は松岡圭祐の本領発揮です。

その時の時事ネタをちゃんと織り込むのです。だからエンタメでありながら現実に起きてるような

錯覚をします。

そういう心理的な見せ方、引きづり込み方は、彼の前の職業に由来してるようです。

ぐぐると、彼は小説家の前に臨床心理士をしていたそうです。

またTVに催眠術師として出演経験があるとのこと。

TVウケするような顔立ちをしてますね。よいしょしても何もでないですけど(^-^)

では本題に、、、、↓

[READ MORE...]
2012-03-12 (月) | 編集 |
松岡圭祐著 運命の暗示

運命の暗示

これは「ミドリの猿」の続編になります。

メフィスト・コンサルティングに捉えられ、電気による恐ろしい拷問を受け、

友里佐知子が現れた所でした。

一方、嵯峨敏也が美由紀の手掛かりを探しながら救出に向かいます。(ミドリの猿から)

運命の暗示前半は嵯峨敏也が大活躍をする。美由紀を救出します。

いよいよミドリの猿の全貌が明らかにされます。

ヘリコプターの格納庫に手枷で繋がれた美由紀を助け出そうとするが、

敵の執拗な攻撃にヘリコプターを乗っ取り脱出する。その脱出先がなんと中国なのです。

[READ MORE...]
2012-03-10 (土) | 編集 |
松岡圭祐著 ミドリの猿

ミドリの猿

旧シリーズの旧版(小学館)と完全版(角川文庫)があり、これから書く感想は旧版になります。写真は旧版がないため便宜上完全版を貼りました。

物語は須田知美を中心にすすんでいきます。精神的にショックをうけた娘が逃げ隠れするが追手がせまってくる。臨床心理士の嵯峨敏也が岬美由紀とこの巻で活動を共にする。催眠の主役が一緒になる、なかなか面白い手法である。

一方美由紀はODA支援してるマダカスカル島にいる。日本政府は希少金属を見返りとしているが現地調査を美由紀に託した。

現地の政府の悪事(戦災者の隠匿)を例によって息もつかせぬ早業で解決してしまう。ここの展開は痛快ですっとする所。ヘリを横取りし敵戦闘機を撃ち落とす。しかしその行為が後に災いをもたらすことになる。


[READ MORE...]
2012-01-29 (日) | 編集 |
千里眼といえばスーパーヒロインの岬美由紀。臨床心理士の肩書を持ち、女性自衛官として初のF-15Jパイロット、イーグルドライバーとなる。階級は二等空尉。表情筋をF15を操縦する動体視力で瞬時に読み相手の考えを見破る能力を持つ。水野美紀が最初の映画で演じた。実にかっこよいヒロインである。

その後カバーガールとして釈由美子が岬となって登場するのだが彼女での映画化にはあいならなかった。もしなっていたら間違いなくファンになっていただろう。釈由美子の岬美由紀カバーは小生にとって衝撃的だった。

可愛いじゃじゃ馬娘がF15を乗り回す姿を想像して下さい。一発でまいっちまいますよ。v(^^)しかもバレルロールとか乗り方も超一流。向かってくる敵をなぎ倒し、という具合に所せましの活躍をする。しかし敵を決して殺さない。

作者の松岡圭介は敵であっても生殺与奪を良しとしないみたいです。そこがまたなんともいいのであるが。
師匠で実は敵だった友里佐知子役に黒木瞳が演じてる。敵にしてはもったいない配役です。水野と黒木ではどっちがヒロインか判らないです。正直黒木が岬でもおかしくないのです。そっちの方がヒットしたように思うけどな~

旧シリーズと新シリーズがありどちらも面白い。今までのスーパーヒロインでないため新鮮さも感じます。作者はヒロインにとことん拘っているようで年齢はいつも28歳である。そんなわけで年表は必要ない。いつも今年が続いてると思えばよいだろう。小生ならいつまでも正月が続いて欲しいのだが。それはそれで飽きちゃうよな~

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村