FC2ブログ
転生したらスライムだった件を中心に、ドラクエ、エターナル・ラブ三生三世のコメント、感想など吐きます。
  • 11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »01
2016-02-15 (月) | 編集 |
しゃばけシリーズなりたいの続きです。

人になりたい

道祖神が人になりたいとのこと。
村から少し離れたところに町ができたため往来に人の行き来がなくなり、
いつの間にか道祖神は草に埋もれ、祭りで賑わった頃を懐かしんでいた。

このままでは人から忘れられ、ただ朽ち果てるのを待つだけと思い、
いっそ人になる決心をする。
人の寿命は短いけれど、お菓子屋になり子供相手にしたほうが余程生きがいになる。

孤独な神より、人に囲まれた人生のほうが良いのは岬でもわかる。
例によって一太郎と妖たちが活躍する。

猫になりたい

猫は100歳を生きると猫又になる。
鎌倉の方でその猫又同士のいざこざがあり、
仲裁の役目を仰せつかったのが一太郎である。

猫じゃ踊りの主導権争いが口火となった。
一太郎の大岡裁きが炸裂する。
黒の猫又は次生まれる時も猫になりたいらしい。

ほんわかな雰囲気の猫になりたいでした。

親になりたい と
りっぱになりたいが続き、
したから読むとりっぱな親になりたいと読める。

岬もりっぱな親になりたいところだが、現実は厳しい。(汗)
とりあえず、なんとか親の役目を果たしてはいる・・・かな?

序で長崎屋の手代が神を呼びつけた。
本来は願い事をするため、神社へ出かけなければならないが、
一太郎は病弱なため、神様たちを呼んだのである。

神様を呼びつけるなど恐れ多いことなので、表向きは接待とした。
お酒とご馳走を用意し振る舞うわけである。
そして神様たちは長崎屋にやってきた。

酒宴がすすんだ頃、神様は一太郎に今度生まれ変わるときは何になりたいか?
と問うた。
一太郎はしばらく考えてから、また妖みんなと暮らせる商人になりたい。
と神様たちに答えた。

神様たちはよかろうといい、帰って行った。
生まれ変わりを探し出すのは簡単なことではないぞと、神は言い残していった。

一太郎の人柄が出ていて、胸にジーンとくるシリーズでした。
先に江戸探しの感想を書きましたが、
このなりたいは江戸探しに続いてるような気がします。

岬は生まれ変われるなら、また今の家庭を持ちたいな。
家族は嫌がるかもしれないが、今度はできなかった点を改善し、
りっぱな親になりたいわ。(苦笑)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2016-02-02 (火) | 編集 |
なりたい

しゃばけシリーズ最新刊「なりたい」を読んでみた。
岬の愛読書の一つである。
序と終の間に5編が構成されている。
今回は初めの「妖になりたい」の感想を書いてみた。

病弱の一太郎は今回も離れの部屋で寝込んでいた。
父親の藤兵衛に頼まれた仁吉と佐助は一太郎が寝床から起き出さないように見張っている。

白択の仁吉と犬神の佐助は手練れの妖である。
水戸黄門で言えば助さん格さんみたいな感じで、
真田十勇士で言えば猿飛佐助と霧隠才蔵みたいかな〜・・・

起きて仕事がしたい一太郎は仁吉と佐助に少しでいいからと懇願するが、
一太郎坊ちゃんの健康第一の彼らは頑として首を縦に振らない。
けほっと咳き込んだもんだから更に寝巻きを一枚着せられて身動きも出来ない。

一太郎可哀相だよね、これじゃ治るものも治らない気がするんだけど、
妖には人間の健康管理なんてきっと分からないんだと思うわ。

そこで一太郎はアイディアを出し、居候の妖たちが手足になって働くならどう?と
仁吉と佐助に提案した。
頭で考えるだけならと一太郎の提案を渋々受け入れたお二人もお手伝いすることになった。

なんてったって仁吉と佐助は一太郎命なんだもの、いい妖なんだよ。(笑)

薬種問屋の跡取り息子の一太郎は試行錯誤の末、あかぎれ薬を作ることにした。
薬の調合は仁吉の得意とするところ、材料は薬種問屋だからほとんど揃う。
あかぎれ薬なんてどこにも売っていないから長崎屋の商売の邪魔にならない。

さすが一太郎は頭が良い。
今風に言ってみれば隙間産業みたいな感じ?なんちゃって。(笑)

作ってみたものの液体のままでは塗ってもすぐに滴れて効果が出にくい。
そこで蜜蝋を入れ軟膏のようにしたら塩梅いいじゃありませんか。

しかし困ったことに、お店の蜜蝋は少量しかないし高い。

そこで蜂の巣を溶かし蜜蝋の代わりにしたらいいんじゃないかとなって、
探したら西八谷村の名主の甚兵衛さんが蜂蜜作りを仕切っている。

一太郎目の付け所がいいねい。(笑)

甚兵衛さん蜂の巣を売るのに条件を出してきたよ。
今まで色々やってきたので最後に空を飛べるようにしてくれだって。

今だったらハングライダーやパラグライダーなんてもんがあるけど、
江戸のお話なんでそんなもんないじゃないですか。
無理言いなさんな甚兵衛さん!と岬は言ってやったね。本に向かって。
(パンクブーブーかい、爆)

空を飛ぶには妖にならないといけないけど妖になる気はあるの?
諦めさせて他の一太郎ができそうな願いにしようとしたけど、
甚兵衛さん空を飛べるなら妖になりたいと、のたもうた。ビックリポンや。

このままでは問題が解けないんだよね。
連立方程式みたいに、もう一つ式がないとね。

それが天狗山の赤山坊。
天狗の黒羽坊は飛べなくなって広徳寺の僧侶寿真の弟子になっている。
親友の黒羽坊に会いたいが妖退治で有名な広徳寺には行きたくない。

この難問を一太郎は知恵と居候の妖たちを使って解決してしまう。

あかぎれ薬は人気になって飛ぶように売れ、妖たちはご褒美のお菓子に大満足。

これビジネスの成功体験の見本みたいですね。
妖たちは一太郎にずっと寝込まれてはお菓子を食べられないから、
一太郎の役に立ちたいと思っている。
一太郎あっての妖たちであり、妖に助けられてる一太郎である。
会社と社員の関係に似てますよね。

甚兵衛さんの要望と赤山坊の要望は無理難題ですが、視点を変えれば解ける。
この視点を変える点はビジネスの世界だけじゃなく、あらゆる場所で使えます。
そして先ずはお客様の要望に応えてる点、とても重要です。

そんなことをつい考えてしまいましたです。(笑)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2016-01-27 (水) | 編集 |
江戸探し

畠中恵のしゃばけシリーズ外伝である。
話は5編から構成され、えどさがしは巻末にある。
しゃばけの登場人物・・・妖かな?・・・について、
今まで知らなかったことを興味深く書いてるところが面白い。

残念ながら一太郎は出てこない。
何せ江戸時代から年代は明治に変わっている。
時はずっと先へ流れていたわけだ。

数百年から数千年も生きる妖にとっては一時代など学年が変わる程度のものだが、
人間にとってはひとたまりもない。
人の寿命は精々80歳位、長生きしても100歳くらいであろう。

一太郎はすでに寿命を使い切ってしまって、この時代にいない。
読者にとって寂しい限りだが、
一太郎を慕っていた妖にとってはそれ以上であろうことは推測に難くない。

生まれ変わった一太郎を仁吉は人の姿になってずっと探している。
妖たちの情報網を活かしながらだが、
側で見てると・・・読んでるか、(笑)実に切ないんだな、これが。

生まれ変わるかどうかなど、全くわけのわからんことですよ。
そんな決まりごとがあるわけでもなく、神や仏が約束したわけでもない。
それを妖みんなが真剣に探しまわっている。

読んでたら忠犬ハチ公が主人の死を知らずに、
渋谷駅前で毎日待っている光景が目に浮かんだ。
妖皆の健気さに心打たれ、切なすぎて涙が出そうになりました。(しくしく)

後の4編も面白い。

利根川の話なので特に興味ぶかかったのである。
利根川のぬしが坂東太郎で、その川に住む河童の親分が彌々子(女)なのだ。
徳川が治水で利根川の流れを変えたため、坂東太郎は大いに怒る。

癇癪を起こして利根川に洪水を起こす。
河童はたまりませんはな。
いかな河童でも洪水では、河童の川流れです。

河童達は彌々子親分に苦情をあげ、原因は坂東太郎だという。

女が怒ると怖いのは何も人間界ばかりではありません。
それはそれは激怒した彌々子親分は坂東太郎と大げんかになっちゃう。
結果は言わずともが何で、殊更ここでは書きませんが・・・
これ以上書いて、もし彌々子親分にこのブログを見つけられたら・・・

怖いですよ〜彌々子親分は。(爆)

オススメの一冊です。はい (^^)v

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2014-08-18 (月) | 編集 |
          すえずえ
「すえずえ」「末末」=時間的にあとであること。これから先。将来。行く末。のちのち。
タイトルの意味が冒頭に書かれている。

一太郎のこれから先のことを考えねばならぬことが書かれているのだろうか?と、
推測しながら読み始める。 しかし帯に・・・

若だんなのお嫁さん、ついに決定〜!!
♡お相手は、いったい誰?♡
えっ、けど、仁吉や佐助、妖達とはお別れなの?
ハラハラな新展開にドキドキ大人気「しゃばけ」シリーズ最新刊!

どういうこと?妖達がいるからこその一太郎であり、しゃばけやないの。

終わる展開にだけはなるなよと思いつつ読み始めた。

お菓子作りの下手な栄吉が修行中の身でありながら縁談の噂が一太郎の耳に。
しかし栄吉はいつも話す一太郎へ仔細は話さず妙に隠し立てしている。
一太郎だってお年頃なのである。友に縁談の話とあれば気になって当然。

江戸は通町にある回船問屋兼薬種問屋の離れに妖達と住む一太郎。
妖達が今日もまた活躍(ドタバタ、お菓子目当て、遊びたさに?)するのであった。
家鳴りが「きゅんい、きゅわ」と言いつつ、貧乏神の金次が、鈴彦姫が、
屏風のぞきが、野寺坊に獺が、猫又のおしろが走りまわる。

一太郎もいづれは結婚し所帯をもつのだろう。
何千年も生きる妖達にとって一太郎の一生は短い。
いつかは別れがやってくる。仁吉、佐助はそう思うのであった。

いつも身近にいる人はこれからもずっといるものと思っている。
しかしそんな保証はどこにもないのです。
今日の幸せは明日も続くとは限らない。
それが世の中と判っていても、簡単に受け入れたくないのも人の世。

寛朝を救い、父親藤兵衛をたすけた一太郎に縁談がたくさん舞い込む。
とうとう、その日がやってきてしまった。
齢3000年を超す大妖のお銀が仁吉と佐助を呼び戻してしまう。

孫一太郎の今後を案じたのである。
普通の人間を嫁として迎えたら、一太郎の元にいる妖達が起こす騒動に、
怪異な噂が立ち、店を立ち行かなくさせてしまうことを恐れたのである。

一、二、三にも一太郎、どんなことがあっても一太郎の身だけは守る仁吉と佐助である。
引き際は弁えているのである。

そんな仁吉と佐助の気持ちが痛い程、手に取るようにわかるのだ。
心の中で、頼むから良い解決方法を見つけていつまでも一太郎の側にいてくれ!と
強く念じている岬がおりました。

ドタバタ、笑い有り、ちょっぴり悲しさもあると同時に、暖かさ、思いやり、
仁吉と佐助のすえずえがあり、いつにもまして満足のいく「しゃばけ」シリーズでした。

あの貧乏神の金次の怒りは怖いですね。
いつもはボロをまとった風采の上がらないなりですがとんでもない力を持っている。
それが福の神と勝負をするのですから、「くわばら、くわばら」です。

その金次に一太郎があげた火鉢を盗んだものがいるんですよ。
私だったらそんな恐ろしい事は間違ってもしませんよ。はい。(笑)
貧乏神金次はその時顔色を変えずに静かに目を線のように細めたのである。

うへ〜〜〜これはかなりヤバい。ヽ(ヽ ̄□ ̄))))) ヒイィィィ!!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2013-10-17 (木) | 編集 |
たぶんねこ
畠中恵のしゃばけシリーズ第12弾 最新刊
若だんなが兄やと五つの約束をしてしまった。
若だんな大丈夫なの?

たぶんねこの他に「跡取り三人」「こいさがし」
「くたびれ砂糖」「みどりのたま」が収録されている。

江戸は通町の回船問屋兼薬種問屋、
長崎屋の若だんなは体が弱い。

ところが驚くべき珍事が発生。
なんと、なんとですよ〜・・・・・
この二月病に罹らなかったのだ〜。

そして兄やがココ幸いと動き出したからさあ〜大変!
五つの約束をだして守らせようとした。

その約束がこれ。

1、半年間はなれでゆっくり過ごして欲しい。
2、可愛い子がいても半年間はおあずけ。
3、友達の栄吉に何かあってもおとなしくしてる。
4、離れに巣食う妖になにかあっても大騒ぎしない。
5、若だんなは体に障ることに巻き込まれない。

え?5番なんか他責じゃないの〜、無理・・・
と岬が言っても所詮外野、聞こえまへんな。

さあ〜どないなるんでしょうね。
「跡取り三人」ではどちらの息子が跡取りとして
商才があるか競争させられる。

「こいさがし」では於こんちゃんの行儀見習いが・・・

「くたびれ砂糖」で栄吉が砂糖をさがしているが、
連れてきた後輩の平太がひと騒動・・・

「みどりのたま」では河童に貰ったみどりのたまが、
引き起こすエピソード。

そして「たぶんねこ」につながっていく。
多分猫かあ〜〜?

例によって手代の仁吉、佐吉、やなり、屏風覗き
貧乏神、野寺坊、かわうそなどが入り乱れて・・・
ん?ゴホン、大活躍して、若だんなの足を引っ張り・・・
へ?・・・もとい、助けて、事件を複雑に・・・
にゃははは・・・事件を解決した時に、
若だんなの体は・・・どうなんのかな〜〜???

本当に若だんな大丈夫でつか!

読んで楽しいしゃばけシリーズですよん。(^^)v

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2012-07-09 (月) | 編集 |
「お願いです、助けてください」の木札が長崎屋の薬種問屋に舞い込んでからというもの、次から次へと相談事がやってきました。

【ひなこまち】
雛人形をお殿さまへおつくりし献上するために、江戸で一番の器量よしを選ぶ雛小町選挙が行われようとしていた。その小町に似せて雛人形を作る訳でございます。雛小町に選ばれた娘は殿にお目通りが叶い、側室という玉の輿の目があるため、親としては我が娘に綺麗な着物を拵えて審査員の目を惹きたい。

町中では、雛小町の話があってから、あちこちで振り袖などが盗難に会う始末。於しなの父親が営む小さなお店で一番高価な着物が盗まれてしまう。上方からやってきた盗賊一味が盗んだ着物を雛小町ように露店で売りさばく。特典として着る人の寸法に直すというから、雛小町選びに伴って飛ぶように売れる。

その店で於しなは盗まれた振り袖を見つけるが、お客が持ち込んだ品物を買い上げたので盗んだのではないと軽くあしらわれてしまう。於しなは屏風のぞきを助けた恩人でもある。盗賊を捕まえるため妖達が大活躍します。もちろん病弱で少し歩くと熱をだす若だんなも大活躍です。TVでは手越裕也が演じてました。

一方お侍さんが妻の気持ちが判らなくなって悩んでいます。広徳寺で若だんな達と出会い河童から貰った秘薬、惚れ薬が事件を巻き起こします。惚れ薬が行李や木魚に入り、惚れた人を追いかけるから、さあ大変です。妖達がここでも大活躍です。そしてお侍さんの悩みの仔細が明らかになっていきます。

このお侍さんの素性が明らかになると、例の「木札」の謎、獏の関わり、お侍さんの妻の抱えてる問題が一挙に解決へ向けて動き出します。若だんなはそのため、とんでもない災厄が身にふりかかりますが手代の仁吉と佐助、妖達の河童、鳴家、屏風のぞき、鈴彦姫、貧乏神金次、野寺坊などが各々の役割を果たし若だんなを助けます。

最後は実に心温まる結果が待っています。

読了。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ブログ村ボタンをぽちっとお願いします。(^^)
2012-07-06 (金) | 編集 |
                  ひなこまち

           お願いです、助けてください。

          長崎屋は薬種問屋の若だんなの所に、
一枚の木札が舞い込んでから、次々と困った相談が持ち込まれる。

昨日の続きは以下を開いてください。
[READ MORE...]
2012-07-04 (水) | 編集 |
ひなこまち 続き

手代の仁吉と佐助は人の格好をしているが立派な妖。
若だんなを1も2もなく守っている。
若だんなに金や名声、安全を選ぶとしたら、安全しか頭にない。
今回も厄介ごとに巻き込まれるならいつでも手を引いてくれと、
言い張っている。この二人若だんな命なのである。
こんな二人が用心棒についてくれたら心強いだろうねと、
ほくそ笑みながら読み進めました。

さて決まって出てくる家鳴り達はドタバタ騒ぎながら、
(単に蜜柑が食べたい、食い意地張ってるだけやん、笑)
活躍します。妖ならではの行動で舟箪笥の中身を探り当てます。
きゅわ、きゅわ言いながら我先に若だんなに報告です。
若だんなが大好きなんですね。こんなんが我が家にいたら大事にします。
(お菓子を仰山用意しないと大変だとは思うけど)

何故か若だんなを気に入った貧乏神の金次も再登場です。
長崎屋の若だんなは貧乏神に好かれても貧乏になりません。
もしそんな事になったら手代の仁吉と佐助が黙っていませんから。

押しても引いても舟箪笥が開きません。
簡単に開けていた祖父の言葉は「ろくでなしの舟箪笥」だったらしい。
まさに「ろくでなし」です。
木札に書かれた「お願いです、助けてください」も気になります。
若だんなの聡明さと妖達の協力でこの問題はどう解決されるのでしょうか。
後はご自身で確認してくださいませ。

第二話 ばくのふだ

依然あの木札に書かれた「お願いです、助けてください」がわかりません。

江戸は通り町にある味噌屋の大店、加津屋の二階で落語が語られている。
若だんなが手代にその落語を聞きたいと頼む。
普通なら体に悪いと即座に反対されるが「落語ひとつも知らないなんて、
他所じゃ話せない」と言われると流石に反対ばかりも出来ず、妖達を引き連れて、
出かけることになる。

しかしそこで事件が起き上がる、、
続きは後ほど。


2012-07-04 (水) | 編集 |
娘からメールが来た。

娘 :お父さんしゃばけの新刊でたの知ってる?

小生:もう買うたよ。

娘 :土曜日いくから貸して。

小生(心の中):ゆっくり読んでる暇ないな。

小生 :ええよ。

娘 :ありがとう。

小生(心の中):しゃばけ面白いからな、気持ち判るは。

ということで、途中ではありますが5部構成になってるので、

一話づつ感想などアップしていきたいと思います。

本日は「ろくでなしの舟箪笥」

若旦那こと一太郎の元に「お願いです、助けてください」と

書かれた木札が舞い込んだ。

どこの誰かも知らず、

心配している所に友の七之助が困り果て相談にやってきた。

上方の祖父が亡くなり、形見に貰った舟箪笥があかないらしい。

しかも夜になると怪しいことが起り、

店の者が舟箪笥を上方へ返せというしまつ。

続きは後ほど。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
見たらポチっとブログ村ボタンおねがいします。(ペコ)
2012-02-25 (土) | 編集 |
畠中恵著 ねこのばば
ねこのばば BY 畠中恵著

全5編を収録したシリーズ第3作。

茶巾たまご
花かんざし
ねこのばば
産土
たまやたまや


登場人物紹介は先のブログを見てください。
しゃばけ登場人物紹介


しゃばけシリーズは第9弾まで刊行されていて、これは第3弾にあたります。とにかく理屈抜きに面白いシリーズです。小生新刊がでれば即購入してます。ストレスの多い社会、ひとときのオアシス的な小説としての位置づけです。既に10弾まででてるかも知れません。
[READ MORE...]
2012-01-06 (金) | 編集 |
畠中恵/著

えっ、虚弱な若だんなと妖怪コンビが猟奇事件を解決!? 日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞作。
新潮文庫 書籍詳細引用
しゃばけ
江戸有数の薬種問屋の一粒種・一太郎は、めっぽう体が弱く外出もままならない。ところが目を盗んで出かけた夜に人殺しを目撃。以来、猟奇的殺人事件が続き、一太郎は家族同様の妖怪と解決に乗り出すことに。若だんなの周囲は、なぜか犬神、白沢、鳴家など妖怪だらけなのだ。その矢先、犯人の刃が一太郎を襲う……。愉快で不思議な大江戸人情推理帖。

【主な登場人物紹介】しゃばけ倶楽部引用

若だんな
お名前は一太郎とおっしゃいますが、近頃は若だんなとお呼びしています。廻船問屋兼薬種問屋、長崎屋の一人息子でいらっしゃいます。「しゃばけ」で物語デビュー(?)したときには、御歳17歳。でも数えなので、現代の年齢で言えば15歳、まだまだ少年でございます。若だんなは、心優しく、大変利発。しかし、元気でいるより死にかけている時間の方が長いくらいの病身なので、旦那様や奥様、二人の手代さんは、なにより若だんなの健康を気にかけていらっしゃいます。口の悪い近所の呉服屋の主人は「長崎屋が一太郎を甘やかすこと、大福餅の上に砂糖をてんこ盛りにして、その上から黒蜜をかけたみたいだ」なんて言うほどです……。

佐助
長崎屋の手代さんです。若だんなが5歳の頃、10歳の少年の姿で長崎屋にご奉公にあがりましたが、実は仁吉とともにお稲荷様より使わされた犬神という妖(あやかし)です。6尺近い偉丈夫で顔はごつく、片手で人を持ち上げられるほど、強い力を持っています。人の形をしていても妖の本性がつい出てしまうと、黒目がネコのように縦に細長くなるので、ちょっと恐ろしいときもありますが、普段は仁吉さんとともに常に若だんなをお守りしていて、朝ご飯の給仕は(私たち女中を差し置いて)佐助さんが勤めます。手代としては皆から慕われるガキ大将のような気質で水夫たちを仕切って、廻船問屋での仕事をこなしています。

仁吉
白沢(はくたく)という妖である仁吉は、切れ長の目と整った顔立ちが江戸の娘たちに人気の手代さんです。その美しさは呉服屋の店先にでも置いておいたら、反物の売り上げもさぞ上がるだろうというほど。佐助さんと同様、とにかく一太郎ぼっちゃんが第一で、二から先はないと思っているのでしょう。昼の給仕は(私たち女中を差し置いて)仁吉さんが勤めます。普段は豊富な薬の知識で番頭とともに薬種問屋で働いており、若だんなが咳の一つもしようものなら、すぐに薬種の調合を始めます。

鳴家(やなり)
身の丈数寸の恐ろしい顔をした小鬼たちです。多数で集まって、家内できしむような音を立てるのが特徴。若だんなと甘いお菓子が大好きなようです。家づたいに自由に動けるので、若だんなの依頼により事件の調査などを手がけることもありますが、あまり有益な情報はもたらしたことがありません。動物の毛皮と思われる腰巻きをしているのですが、なんの毛皮かは不明です。嬉しくても驚いても悲しくても「きゅわきゅわ」と叫びます。

屏風のぞき(びょうぶのぞき)
若だんなの暮らす離れに置かれた古い屏風が化した付喪神(つくもがみ)さん。屏風に描かれた絵そのままに、市松模様の派手な石畳紋の着物をぞろりと着こなしています。長崎屋に住む妖の中では、唯一、若だんなに憎まれ口をきく皮肉屋ですが、部屋から出られない若だんなのよき遊び相手で、碁仲間でもあります。

籐兵衛(とうべえ)
若だんなのお父上で、長崎屋のご主人でいらっしゃいます。50を超えたとは思えない力強さを感じさせる方で、5尺5寸ほどの上背がございます。長崎屋の手代でしたが、若だんなのお母上である家娘のおたえさんに惚れられて、長崎屋の婿に入られました。

おたえ
若だんなの母上。四十路に近いとは思えない、儚(はかな)げな美人です。若い時分には江戸一番の弁天様とか雪でできた花のようと褒め称えられ、身分の高いお武家様や江戸でも名の知れた大店の若主人などから、ぜひ嫁にというお話が降るようにあったそうです。若だんなのお兄様にあたられる男の子を生後数日で亡くされたことから、誰より若だんなの病弱ぶりを心配しておいでのお優しい奥様です。




[READ MORE...]