小説の中に無限の世界をみて、浅草をこよなく愛す。
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017-01-20 (金) | 編集 |
「蜜蜂と遠雷」

恩田陸さん直木賞受賞おめでとうございます。

「蜜蜂と遠雷」を読みたいな。

アマゾンはまだ販売しておりませんでした。

書店に並ぶ方が早いのかもしれませんね。

今日にでも書店に出向いてみます。

どんな作品か楽しみですね。

ニュースでは国際ピアノコンクールを舞台にした青春群像小説と言われてました。

とてもワクワクしています。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2017-01-18 (水) | 編集 |


べっぴんさんの主題歌です。

NHK連続朝ドラ’とと姉ちゃん’の主題歌に馴染んだ後の歌だっただけに、
しっくりこなかったのですが、不思議ですね、今では好きになってます。

毎日のように聞いていると、いつのまにか口ずさんでいる。
これって朝ドラ効果なのでしょうね。

歌とドラマが密接に繋がって、ドラマの好感度との相乗効果で好きになる。

そういうことなんだろうな・・・

ヒット曲ってこうして生まれるんだろうな・・・

あまちゃん、ごちそうさん、まっさん、とと姉ちゃん、そしてべっぴんさん。

いづれもドラマも歌も好きになってしまいました。はい。(^^)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2017-01-15 (日) | 編集 |
今週発表の豊洲モニタリング調査発表を聞いて大変驚いた。
基準値がベンゼンで79倍、検出されてはいけないシアンも検出された。

今までは検出されても基準値を数割上回るくらいであった。
なぜ急にこんなに増えたのかとなる。

原因や調査方法もよく知らないので、コメントは余談になってしまうが、
今までの調査結果が過少申告ではなかったかと疑ってしまう。

豊洲新市場を早くオープンしたいため安全を偽装してきたのではと思うのだ。
どうだろうか?

テレビを見てると小池知事を責めるような評論家が出てきてるが、
筋違いであると思わずにはいられない。

モニタリングの調査結果を待たず、外圧に急かされてオープンした後に、
基準を超える汚染値が出てきた方が余程酷いことになっていたのではないか。

食の安全な日本の豊洲市場で信じられない汚染が見つかったと、
世界中に仰天ニュースが駆け巡っていただろう。

世界に轟いた築地の信用失墜である。
一度失った信用を取り戻すのは容易なことではない。

福島第一原子力発電の事故から5年以上も経つのに、
農産物や海産物などの輸出はまだ回復していない。

騒がず焦らず落ち着いて、しっかりと調査と原因を確かめ、
安全対策を十分に行って頂きたい。

頑張れ小池百合子都知事!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2017-01-13 (金) | 編集 |


ドラクエファン待望の新作が出ますね。
NHK30周年~そして新たな伝説へ~ を見て知りましたです。^^/

堀井雄二、鳥山明、すぎやまこういちの皆さんは神ですね。
ストーリー、グラフィック、そして音楽は最高傑作だと思います。

ストーリーについて言えば、泣かしてくれるシーン、好奇心をそそられるシーン、
謎解きなどのシーンが随所にある。
ドラクエが成功した主たる要因の一つだろうと思う。

グラフィックは鳥山明なしで語れない。
RPGと言ったらドラクエ、グラフィックは鳥山明なのである。

であるからRPGはドラクエ以外興味がないし、やったこともない。
岬の脳はRPGと言ったら、鳥山明=ドラクエなのである。

スライム、ドラキー、ホイミスライム、キングスライム・・・
可愛くホッコリする。(^v^)

レベルを上げないと倒せない中ボスなど強いモンスターもたくさんいる。
見た目迫力があり危険なオーラを出している。
装備を揃えないとなかなか勝てないのだ。(T_T)

最後に音楽♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

♪♪♪すぎやまこういち♪♪♪

オープニングの音楽を聴くとスッとドラクエの世界へ入っていける。
イベントで流れる音楽も秀逸である。
何度聞いても飽きないんだな〜これが。

数々のヒット曲を作っている有名な音楽家。

タイガースの「花の首飾り」、「君だけに愛を」、「モナリザの微笑」や
ガロの「学生街の喫茶店」も彼の作品だそうだ。

サイボーグ009(2期)のBGMもそうらしい。

ヒットパレードやCMソングなどとにかくたくさんある。

85歳だが全然そんな年齢に見えない。
これからもずっと長生きをしてドラクエの音楽を作り続けていただきたい。
宜しくお願い致します。m(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2017-01-11 (水) | 編集 |
「ブレギジット」英国がEUを離脱するという衝撃が世界を駆け巡って人々を驚かせた。

米国ではトランプ氏が次期大統領に選ばれ保護主義の始まりと噂されている。

EUが誕生した時、世界は国の垣根を越え、ヒトモノカネが自由に行き来し、
グローバリゼーション時代がやって来ると誰もが思ったに違いない。

社会主義経済が失敗し、民主主義経済が成功したと、言れたのと同じように、
次の時代はグローバリゼーションだと、もてはやされた。

しかしである、民主主義経済もグローバリゼーションも行き詰まってしまった。

グローバリゼーションに的を絞ってみれば、ヒトモノカネが自由に動いた結果に驚く。
つまり、それこそがグローバル化の利点と言われてきたはずなのだ。

紛争による難民流入さえなければグローバル化は成功したかも知れない。
と言ってしまったら身も蓋もない。
紛争のない世界こそ理想世界であるはずなのだから。

民主主義経済やグローバル化が悪いわけではない。
行き過ぎた民主主義経済やグローバル化が悪いと思うのだ。

関税一つ取っても、全て取り払っては大打撃を受けるところがたくさんある。
関税障壁と言う人もいるが、先人たちの知恵とも言えるのだ。

TPPじゃなく二国間交渉で良いではないか。
守るところ攻めるところを二国間でしっかり交渉し、相手国を増やしていけば。

トランプ次期大統領の言っているところは子供じみた点もあるが、
かなりまともなところが多いような気がする。

自国の利益を一番に考えるリーダーはどこも同じだろうし、
米国NO1発言は至極当たり前だと思う。

オバマ大統領も自国の利益を一番に考えていたであろう。

安倍総理だって同じだ。
日本の利益を一番に考えているはずだ。
ただそこへ導く方法がリーダーによって違うだけではないかと思う。

注意すべきは行き過ぎである。

「過ぎたるは及ばざるが如し」である。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2017-01-09 (月) | 編集 |
なお虎

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の始まりです。
オープニングの掴みは直虎(柴咲コウ)の活躍を暗示し好感度良しでした。
小林薫、市原隼人も初回から登場し面白くなりそうな期待も膨らみました。

しかし、オープニングテーマソング(ここでは単に音楽と呼ぶことにします。)
はどうでしょうか?
龍馬や八重の桜、真田丸のようなインパクトがありません。
ドラマの決め手の一つに音楽があると、いつも思うのですが。

その音楽が岬としては不満が残りました。

ワクワク、ドキドキしないし、高揚感も沸き起こらない。
何かを訴えかけるようではなく、郷愁を誘うようにも聞こえないが、
いつのまにか耳に馴染んでいたという音楽になるのだろうか。

柴咲コウ自身に大きなインパクトがあるので、
今後の活躍に期待したいと思いまする。(^^)v

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2017-01-07 (土) | 編集 |
地球になった男

小松左京の地球になった男短編集の一編、「コップ一杯の戦争」を読んで。
これは時は米ソ冷戦時代に書かれたSF小説です。

ブラックユーモアのような、核戦争を風刺しているような一編です。

とあるスナックでハイボールを一杯飲んでいる間に米ソ間で戦争が始まり終わるお話。

戦争と言ったら誰でも手を止め緊張が走り、どうなるんだろうと不安に思うでしょう。

ラジオは演歌を流し、時折戦争の途中経過が織り込まれ、
お客はスナックで普通に会話を楽しみ、日常の光景が描写されている。

世界は戦争で苦しんでいるのに、日本はのんびり平和な日を楽しんでる。
平和ボケした日本との風刺にも取れるが、本当は・・・

今年一月に米国新大統領が就任します。

ドナルド・ジョン・トランプです。

日本の核武装を容認するような発言をし、後に否定して物議を醸してます。

また北朝鮮へは、来るなら話を聞いても良いと現政権と真逆の考えも示しました。

GDP2位の中国に対しては、早々と喧嘩を売っています。
ロシアへはどちらかと言えば好意を抱いてるようなので、
オバマ政権時のような対立は避けられそうな気はします。

GDP1位と2位の覇権争いは避けて欲しいと、
「コップ一杯の戦争」を読んで切に思いました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2017-01-05 (木) | 編集 |
きまぐれ

星新一の短編「きまぐれロボット」の一篇、ネコを読んで成る程と納得したこと。

地球の支配者は実は「ネコ」だったと言うお話です。

宇宙は広大であり、人知の及ばぬ知性や科学力を持った生命体が存在する。

ある日地球に調査にきたカード星人は、人間が支配する星なら滅ぼすつもりだった。

異形なカード星人が、ある家を訪ねたら、人はそれを見て失神してしまう。
テレパスを使えるカード星人は、横にいたネコに質問すると「主人は私」と答えた。

驚いたことに人間は「ネコ」のために奴隷のように働く生き物だとネコは言った。

ネコ「例えばこの家は人間が作ってくれた。牛を飼いミルクを絞り運んでくれる。」
カード星人「なかなか利口な生物ですね。奴隷の地位に不満を感じ叛逆しませんか?」
ネコ「そこまでの知恵はない生物よ、心配無用です。」
カード星人「嘘発見器を使わせてください。調査を正確なものにしたいのです。」
ネコ「どうぞご自由に。」
カード星人「恐れ入りました。
      このような平和的な種族が支配する星は見たことがありません。」
     「いつまでも支配し続けるよう、お祈りいたします。」
ネコ「もちろん、そのつもりよ。」

岬「え、え、え〜〜〜〜〜〜〜〜 (゜▽゜ノ)ノ  」

岬「真の支配者がネコだったのーーーーー」
 「大変だ。みんなに知らせなくては・・・ネコが・・・」

ネコのしんちゃん「にゃー、頭をスリスリ、喉をゴロゴロ。」

岬「ん?もうお腹空いたの?鰹節さっきあげたじゃないか。」

ネコのしんちゃん「にゃー、にゃー、にゃー。」

岬「もーーー、しょうがないなーーー。」

ネコのしんちゃん「にゃー ❤️」

岬「んーーー何か大事なことがあったような気がしたけど・・・まっいいか。」

こうして人間はいつもネコが支配者であることを忘れてしまうのであった。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2017-01-03 (火) | 編集 |
ジョルノ

ジョジョの不思議な冒険「ダイヤモンドは砕けない」が終わってしまいましたね。
BS211で最初から最後までずっと見てました。

コミックは全てカバーしてましたので、ストーリーや結果は見る前から知っていた。
それでもアニメには不思議な魅力があり、全く新しいものを見る感覚で見ることができ、
不思議な気が致しております。

アニメとコミックは別物なんだと改めて気付かされました。
動きと声と音楽という三つの要素が加わると新しい作品が誕生するということだと思う。

ジョジョは今の(ジョジョリオン)を含めると8部まである。
どれも大変面白く、甲乙つけがたいのですが、あえて岬が一番好きなのはと聞かれたら、
それは第5部の「黄金の風」と答えます。

舞台はシシリア・マフィアの発祥の地、イタリア。

ヘップバーンのローマの休日、ジュリアーノ・ジェンマのガンマン、
ゴッドファーザーの生誕地、だからではなく、
孤児同然の少年たちがマフィアの中でスタンドを駆使し成り上がっていく。

そういう所に魅力を感じてるんだと思う。
もちろん 荒木飛呂彦 のスタンドは言うまでもありません。
そして、そこで使われる言葉も岬を惹きつける要素になっている。

ジョジョの名セリフ・ランキングがあるそうだが、
第何部か、どのシーンで使われたか今や不明です。
しかし、岬の記憶に残る名セリフはこれだ!

「ふるえるぞハート! 燃えつきるほどヒ――――――ト!!」

「ウィリイィィィィィィィィィーーーーーーー 」

「オラオラオラオラオラ、無駄無駄無駄無駄無駄」

「「覚悟」とは!! 暗闇の荒野に!! 進むべき道を切り開く事だッ!」

なぜかキャッチコピーに使われそうな印象深い短い言葉が中心になっている。(笑)

さて、第4部終了となれば誰でも次は第5部と思うでしょう。
当然岬は第五部をお待ちしておりまする。

黄金の風を吹かしてくれ!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2017-01-01 (日) | 編集 |
酉年

新年明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。m( _ _ )m

今年の注目映画、TVは

スカヨハの攻殻機動隊ゴーストインシェル実写版

スターウォーズ8

アトムザビギニング(NHK)

スタートレック・ディスカバリー(TV)

NHK大河ドラマ・『おんな城主 直虎』

スポーツは日ハムの大谷投手です。
どこまで勝ち星を上げてくれるか、最高速球は165を超えるか、
楽しみです。

そして政治といえば小池百合子都知事ですね。

昨年は彼女の頑張りが伝わって来ました。
途中出場の知事にとって仲間はほとんどいません。
サポーターのみで豊洲、五輪という難問によく立ち向かいました。
今年は仲間をどこまで増やし、
東京都を改革してくれるか大いに期待したいと思います。

岬自身は健康と趣味の観点から、自転車の旅の範囲を少し広げたいと思いまする。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2016-12-29 (木) | 編集 |


スターウォーズのレイア姫役のキャリー・フィッシャーさんが心臓発作で他界しました。
慎んでご冥福をお祈りいたします。合掌。

ロサンゼルスへ向かう旅客機内で起きた心臓発作でしたが、
集中治療室での治療後は安定していると聞いていただけに残念でなりません。

ローグワンを見た後エピソード四が見たくなり、見た後の出来事でした。

ローグワンのラストシーンに登場したレイア姫がどう繋がっていたか確認したかった。
英字の部分がローグワンのストーリーになった部分です。

During the battle, Revel
Spies managed to steal secret
plan's to the Empire's
ultimate weapon, the DEATH
STAR, an armed space
station with enough power to
destroy an entire planet.

エピソード四のプロローグはレイア姫を乗せた宇宙船を、
スターデストロイアーが追いかけるところから始まります。

あのデストロイアーの大きさに度肝を抜かれたのを思い出しました。

ローグワンとエピソード四は見事に繋がっておりましたです。はい。

あの当時スカイウォーカーやケノービーの台詞の意味がよくわかりませんでしたが、
エピソード1、2、3とローグワンを見た後なら、
なるほどと思う箇所が随所にあります。

例えばスカイウォーカーと育ての親との会話。
オビワン・ケノービーのことを聞いた時の返答が、
「もうこの世にいない。君のお父さんと同じことをしていた。」

そしてベルおばさんの言葉。

「ルークには畑仕事は向かないわ。父親の血が流れてるのだから。」

今ならわかる意味ですね。

またダース・ベイダーがケノービーに言った言葉。

ダース・ベイダー「待っていたぞオビワン・ケノービー。
かつてお前の弟子だった俺がフォースの支配者になるのだ。」
・・・
ダース・ベイダー「力が劣ろいたようだな。」

オビワン「わしには勝てんぞ。」
「無限の力を与えられて蘇るのだ。」

この後ケノービーは微笑んでダース・ベイダーのライトセーバーにかかり、
消えてしまう。

改めて見直す価値は十分にありました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2016-12-27 (火) | 編集 |


小林薫主演の深夜食堂をアマゾンプライムで知りました。
どこかのTVで放送していたみたいですが、
今、アマゾンプライムにおいてシーズンIIIまで見られます。

漫画はビッグコミック・オリジナルで連載中。
原作安部野郎。
ジャンルは料理漫画。

そんなに夢中になる要素がなかったため、さっと目を通すくらいで終わってました。

実写版深夜食堂は実に面白い。
小林薫の口数の少ないセリフがいい。
オープニングの音楽がいい。何か気だるそうな、郷愁を誘うような。

そしてホロリとくる人情話が展開される。
人情話は実写版の方がより肌感覚が伝わり、現実味を増すため、
感情移入がしやすくなる。

漫画より面白いと感じたのはそんな理由からではないかと思いました。

この間劇場版が上映されてましたのでDVDがレンタルされることを望みます。

アマゾンプライム会員は年間3千数百円ですが、
プライム映画やドラマは見放題ですので会員加入はお得かもしれない。

おまけにプライム対象商品を購入した場合、運送料は無料です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2016-12-24 (土) | 編集 |


ちはやふる実写版がレンタルで観れるようになっていました。
上の句と下の句を観た感想です。

競技かるたの面白さと俳優の演技に魅了されました。

「なにわづに 咲くやこの花 冬ごもり 今は春べと 咲くやこの花〜♪」

聞いただけで観てる方はテンションが上がります。

ヒロインはあの広瀬すずが演じてます。
アニメより少しかわいすぎかなと思いますが、
可愛ければ全て良しということで。(^^;)

コミックやアニメより良かったのは大江 奏の上白石萌音でした。
原作より雰囲気がよく出てましたね。
あれは’はまり役’だと思います。
観てるだけでウルウルものでした。はい。

彼女はただいま絶賛上映中の’君の名は’の宮水 三葉の声優さんです。
全全全ぶハマっちゃったですねーーー♪ヾ(≧∀≦*)ノ〃

綿谷 新の少年期を演じる加部 亜門は’小暮写眞館’や’ぼんくら’でも
好演してました。
私の中では子役ナンバーワンです。

真島 太一はアニメの方が良かった。
実写版は今ひとつでしたね。
準主役は重要なキャストですから、もう少し雰囲気を持った俳優を配して欲しかった。

そこへ行くと綿谷 新の真剣佑は雰囲気出てました。

ストーリーとしての見せ場は富士崎高校との団体戦ですね。
ここは最高に盛り上がりました。

ちはやふるの原作を考えた人は天才です。
こんなに感動できる話に描けるなんて・・・

今ひとつ学生生活に燃えきれない人、または何かをやりたいと思う人、
仲間を作り共に何かを目指してみたいと思う人、
感動や笑い、涙を求めたいと思う人などにオススメの映画です。

「ちはやぶる 神代もきかず 竜田川 からくれなゐに 水くくるとは」

意味(竜田川一面に紅葉が散りしいて、
流れる水を鮮やかな紅の色に染めあげるなどということは
神代の時代にさえこんなことは聞いたことがありません。)

在原業平と藤原高子との熱烈な恋の歌と言われている。
いずれ帝の后のなる身の高子との恋は許されず、引き裂かれてしまう。
そして月日が経ち高子が住む東宮にて業平が屏風の絵を見て、

「美しい、龍田川が紅葉で覆われて
からくれないのように、真紅に川の水を絞り染めにするなんて
まるであの頃の私たちの燃え上がった恋の炎のようですね。」

と言ったとか。
そんな想いのある歌だそうです。

いろんな歌が織り込まれていて好奇心も刺激されます。
百人一首もいいですね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2016-12-19 (月) | 編集 |


スターウォーズスピンオフ映画ローグワン。
字幕、日本語吹き替え、3D、4DXと4種類のスクリーンが用意されてました。
今回は字幕でじっくり見てきました。

が、今風の作りか流行りか展開は速くあっという間でした。

ストーリーは概ね知っていたので(当たり前か)キャストに注目です。
特にある人物に注目してたのですが、始まるとすぐ、あれ〜?

デススターの生みの親ゲイレン・アーソはどこかで見たぞ・・・
帰ったら調べてみよう。
そうそう、007カジノ・ロワイヤルの悪役ル・シッフルではないか。
ヒロイン、ジン・アーソの父親役を演じている。
家族思いの科学者なのだ。
なぜか彼の違う面を発見したようで嬉しい気がした。

注目していたのはドニー・イェン、盲目の反乱者である。
イップマン序章で見せたカンフーアクションは圧巻であった。
あのブルース・リーの師匠がイップマンとされている。
その主役のイップマンがドニー・イェンだった。

彼が予告編でその片鱗を見せたところに岬は強く惹きつけられた。
惑星ジェダでヒロイン「ジン」と反乱軍のキャシアンを助ける働きをする。
盲目なのにまるで見えてるようにストームトルーパーを倒していく。
フォースと共にと呟いてたのでジェダイではないかと思ったが、
そうではなかった。

後半戦のカンフーアクションも素晴らしかった。

個人的にはもっと彼の見せ場を作っておいて欲しかったのだが、
それではバランスを欠いてしまうのだろうと理解した。

良い意味で期待を裏切ったのがKー2SOであった。
帝国軍の人型ドロイドをリプログラミングして、今は反乱軍のドロイドになっている。

これがかなり良い働きをする。
3POみたいにベラベラ喋る訳ではなく、R2D2のように無口でもない。
人間みたいに喋る。そして、ここぞという所で活躍する。
風貌は何となくアトムザビギニングのアトムみたいだから親近感も湧く。
・・・
これアトムザビギニングの実写版に使えるかもしれない。
アニメは来春早々NHKで放送されるから、ハリウッドはどうかな〜♪ (笑)

大型戦艦デストロイヤーをぶっ壊すハンマーヘッドの威力を初めて見た。

ローグワンは見ごたえのあるSFアクション・アドベンチャー映画だと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2016-10-26 (水) | 編集 |


スタートレックBEYOND見てきました。
字幕3D+4DXは2400円でした。
内訳は月曜割が1100円 +4DX 1000円 +3D グラス持参 300円

ハリウッドの4DXなら期待できるかの思いでした。
結論はディズニー体験型イベントを越せませんでした。
GANTZOよりは4DXの効果を発揮してましたが、まだまだですね。

4DXはやはり体験型専用ソフトでないと効果が半減するようです。
アクションシーンは椅子が動きまくるので画像がよく見れない。
そんな欠点があります。匂いはついてましたけど。

臨場感という点では3Dと相まって80点位です。

映画の内容はまあまあでした。
平均点と申しましょうか・・・
見所が少なかったですよ。

私てきには新たな見所は3つくらいかな。
あとは前作までに出たシーンの焼き回しみたいなもんです。
その1:ヨークタウンの人口居住区の大きさと未来感がいいですね。
その2:敵エイリアンの謎武器によるエンタープライズの圧倒的な敗北。
その3:キャプテン・カークがバイクで敵地へ乗り込んで人質を取り戻すシーン。

そんな所ですね。

ジャスティンリンとJJエイブラム両監督なら、
この展開の速さになるんだろうと思います。
あっというまに終わってしまい消化不良気味です。(;^^;)

さて、惜しい点がいくつかありました。
観客おいてけぼりのシーンがあるため見た目以上の迫力に欠けます。

それはエンタープライズの武器が一切効かないばかりか、
シールド(バリア)も効かない。
何故効かないのかわかりやすく見せて欲しかった。
(説明責任がある。 <ーー どこかの政党?爆)

その理由がわかれば見てる方も、武器も防御も効かない相手にどう立ち向かうのか、
一緒に参加できるではないか。(この上映時間では限界か?)

古代兵器の威力?
あれさっぱり判らないから、手に汗握ったり、恐怖感など全然なかった。
第一作のバルカン星を爆破したような前振りはやはり必要でしょう。
事前に威力がわかれば緊迫感がもっとあったはずです。

それでもスタートレックは贔屓目で見てしまう。(^v^)
総じて楽しめました。はい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2016-10-22 (土) | 編集 |


NASAが開発している火星探査ロボットを見て驚いた。
まだ完成前であるが人型ロボットの動きが素晴らしい。

ちょっと前に義足でダンスをしていた女性ダンサーの動きに驚いたものだが、
それ以上の衝撃だった。

日本の人型ロボットと言えばホンダのアシモ君だが、
NASAのロボットはその上をいっているように思える。

荷物を持ち上げ自由に動き回り、倒れても自力で起き上がる。
それにAIを搭載できれば、かなり人間に近い作業ができるようになる。

人が立ち入れない原発内の作業に最適ではないか。

そんなことを考えながら火星探査ロボットを見ていた。

アメリカのロボット技術は思った以上に進んでるように映った。

日本のお家芸と思っていたのは井の中の蛙だったかもしれない。
しかしアトムや鉄人28号を生んだ日本がアシモ君を世に出した時、
人型ロボットでは日本はリードしていたはず。

技術力の差はやはり膨大な資金力と、それにかける意気込み、
情熱ではあるまいか。

官民が一致協力して世界一のロボットの国を目指して欲しいと思った。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2016-10-16 (日) | 編集 |


初めての4DXをGANTZOで体験してきました。
料金は約倍です。通常の映画二本観られる計算になります。
体験型の映画とすれば妥当な料金なのだろうか?
私としてはちと高いかなとの思いです。

椅子が激しく動いたり、背中のツボを押されたり、
また水しぶきや血しぶきが上がるところで、
前や横から水蒸気が出てきます。
一瞬映画の中にいるような錯覚も起こしますが、
思ったほどではありません。

煙が出る場面ではスクリーンの前の方で煙幕(水蒸気?)が出ます。
匂いも出るような説明がパンフにありましたが感じませんでした。
視線が上から下へ向くときは若干椅子が沈み込む感じになります。

ただ3Dになっていませんでした。
4DXなので当然3Dは含まれてるのではと期待しましたが、
期待しすぎでしたね。

4DXは一度体験すれば2度体験したいと思えるものではないというのが、
岬の感想です。

GANTZOそのものは面白い出来と思います。
原作とほぼ一緒です。
妖怪の「ぬらりひょん」がラスボスでゲキ強であります。

GANTZ大阪チームの強さは半端ないですが、
大阪妖怪はその上をいく強さなのだ。
そしてGANTZ東京チームは大阪チームより弱い。

言ってみれば孫悟空とベジータのチームが、
不死のザマスとブラック悟空を相手にするようなもんか。
クロノが早々死んで、主役は加藤なのであります。

コミックを知っていても大阪編はアニメでも十分堪能できる。
岬はそう思いました、はい。

来週はスタートレック ビヨンドです。
年末はローグワンと観たい映画が続きまする。(笑)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2016-10-12 (水) | 編集 |


マットデーモン主演最新作のハードボイルド・スパイアクション映画。
なかなか面白い映画でした。
シリーズとしては第四作になるがジェットコースター映画に仕上げ、
見るものを飽きさせないようにしてある。

見所はたくさんある。
適役のCIAヒットマンはヴァンサン・カッセルである。
あのオーシャンズ13に出てきた大泥棒なのだ。
敵の存在感が増すとボーンも際立つのである。

そして日本のCMでおなじみのトミーリージョーンズがCIA局長である。
今回のラスボスなのだ。
彼の風貌は日本の漫画に出てくる「御用牙」の剃刀半蔵が勝てなかった
鳥居 耀蔵に似ているような気がする。
強敵である。

装甲車が車を押しのけ吹き飛ばし逃げる様はどこかで見た気がした。
あのシンゴジラが海から川へ船を押しのけ、ふきとばし上がってくる所。
あのシーンとダブりますね。

そういえばどちらも4DXで観れます。
私は4DXをまだ観てませんがきっとあのシーンは椅子が動くのだろうと思う。

ヒット次第で次回作もあるのではないかと思いまする。(笑)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2016-10-05 (水) | 編集 |
都知事に立候補した時は少し斜めに構えて見ておりました。
国政での出番がなくなったから都政で最後の花道にしようかな、
そんな冷めた目で見ていました。

東京オリンピックも4年後に迫っており注目度もあるしね。

しかし、マスコミに対する受け答えや森元総理との会談を見て、あれ?と
思いました。腹が据わっているし切り返しもうまい。
こりゃ単なる出たがりおばさんじゃないなと思うようになりました。(失礼)

都知事立候補の公約をしっかり守ってるではありませんか。
どこかの政党のような掲げたマニフェストを反故にするものではありません。
豊洲市場の移転延期など見上げたものです。

歴代の知事は今までどんな仕事をしてきたのでしょうか。

都民ファーストをスローガンに都政を行っていることが伝わってきてます。

昨日の都議会の質問にも対決姿勢ではなく、真摯に答えてました。
挑発にはさらっとかわし、チクリと刺すところも忘れず、
持論を展開するあたりは国会議員で培った手腕を発揮していたと思います。

待機児童の解消も取り組んでる所が見えます。
こういう見える化が都民にとって一番わかりやすいという事を知っている。
小池百合子都知事かなり期待できそうです。

女性目線での政治はこれからの時代にふさわしい気がします。
日本にもっともっと小池知事のような方が出てくると面白いですね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2016-09-30 (金) | 編集 |



新海誠監督の作品です。
代表作に「星の声」「雲の向こう 約束の場所」そして、「秒速5センチメートル」などがあります。

「秒速5センチメートル」については過去に感想をブログに書いてます。
切ない青春の男女の心のふれあい、すれ違いのような物語です。
よければそちらも見てくださいませ。

スタジオジブリ以外で興行収入100億円超えは初めてのアニメです。
彼の作品をずっと見てきた者としては意外でしたが(その位の人気は当然との思いから)
ストーリー展開、喜怒哀楽、意外性、現代感覚、そして切なさ、
とてもよくできた作品といえましょう。

入れ替わりは今までもありましたが、これは結構笑いも取れています。
それが突然メールが通じなくなり携帯電話が不通になる展開に、
心の中で(え〜なんで・・・)と叫んでいると、どんどん意外な展開に引き込まれます。

あの手を合わせようとするところは、雲の向こう約束の場所のシーンですね。
そして「会えないで、君の名はと呼び合う所」は何故か秒速5センチメートルを思い出します。

新海誠監督は携帯電話の使い方が本当にお上手です。

老若男女が楽しめる作品ではないかと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。